ADHDの人は服を選ぶのが苦手?ADHDの人が服を選ぶときのヒント

鏡を見る女性

あなたは普段どんな服を着ていますか?

毎朝どんな服を着ればいいのか、悩むことはありませんか?

特に、ADHDの人は服を選ぶのが苦手な人が多いです。

それはADHDの特徴が理由として考えられます。

スポンサーリンク

ADHDの人が服を選ぶのが苦手な理由

ADHDの人が服を選ぶのが苦手な理由は以下です。

学生時代は「制服」があるため、ADHDの人は服選びにそれほど苦労しません。

毎日同じ服を着れば良いので、何を着るかを考えずに済んだからです。

しかし、社会人になってからは自分で服を選ばなければなりません。それで苦労する人が多くなります。

それでは、社会人になったADHDの人は、服選びをどうすればよいのでしょうか?

自分の制服を決める

それはずばり、自分の制服を決めることです。

学生時代の制服のように、決まった服を着ればいいのです。ただし、これは毎日同じ服を着ることではありません。

それよりも、自分なりの服選びの「方程式」を作ることに近いです。

たとえば、好きなブランドの好きなデザインのズボンがあれば、それを違った色で複数持つといったことです。

そうすれば、毎日朝何を着るかを悩む必要はなくなりますね。

女性の方が服選びに苦労する

ただし、男性であればスーツを着用することが多いので、それほど悩まなくても済むでしょう。また、男性は女性と比べると服装をそれほど見られませんので、男性は服選びに苦労することはあまりないでしょう。

しかし、女性は男性と違いスーツを着用する場面は少ないでしょう。また、女性は男性以上に服装を見られることが多いです。

私も服選びが苦手なので、好きなブランドの好きなデザインの服を色違いで複数持っています。これらを組み合わせて着ることで、毎日を過ごしています。

もちろん、中にはファッションが好きという人もいるかもしれません。そんな人は服選びが楽しいでしょう。

しかし、ファッションに興味のない人は、自分なりの服の公式を考えると良いかもしれませんね。

参考記事:How to Decide What to Wear When You Have ADHD


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました