ADHDの人が先延ばしを克服し、上手に決定する10の方法

ADHDの人は先延ばしをよくすると言われます。これは、上手に決定できないことが原因の1つです。

なぜなら、ADHDの人は自分に自信がなく、間違った決定をしてしまうと恐れるからです。過去に衝動的な決定を何度もして、今も後悔している人も多いでしょう。

しかし、決定を上手にできれば、以前よりも幸せを感じられるでしょう。なぜなら、そうすれば自分の人生をコントロールできていると感じられるからです。

そこで、ADHDの人が上手に決定をする方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.間違った決定でも気にしない

多くのADHDの人は「間違った」決定をするのをとても心配します。その結果、何も決定できずに動けなくなってしまいます。これが先延ばしにもつながります。

自信を持った意思決定者になるには、考え方の転換が必要です。後ろを振り返って決定が「間違った」と考えるのは止め、前を見続けましょう。

そして、飛行機のパイロットがするように、「軌道修正」をするのです。

2.決定を記録する

決定する「自信」を作るためには、これまでに決定したことをすべて書きましょう

そうすれば、自分がたくさんの素晴らしい決定をしていることに気がつくでしょう。記憶に残りやすいのは、後悔する決定ばかりなのです。

この「決定リスト」は、バランスの取れた見方を持つのを助けてくれます。同様に、より多くのことを決める必要があるのを保証してくれるのです。

3.決定するための時間を作る

何かを決定するためには、時間と精神的なエネルギーが必要です。

ADHDの人の多くは、朝起きてから夜寝るまで忙しいです。忙しく走り回っている時に大きな決定はできません。

もし決定をする必要があるなら、あらかじめ計画をたて、決定のための時間を作っておきましょう。

それから、その決定の時間には電話とコンピュータを切り、決定に集中するのです。

4.決定を書き留める

大きな紙を手に入れ、その一番上に決定することを書きましょう。

一見すると簡単ですが、紙に書くと決定することを明確にできます。

5.良い点と悪い点をリストする

決定することの「良い点」と「悪い点」をリストにしましょう。

できる限りたくさんのこと想定しましょう。たとえそれがありそうになくても構いません。

6.情報を調べる

決定するのが難しいようなら、それは情報が十分ではないからかもしれません。

その場合、インターネットや他の人と話して調査をし、情報を集めましょう。

7.目標とつなげる

決定はそれだけで孤立して行われるものではありません。

決定は人生の残りの部分によって影響されます。短期および長期の目標を思い返しましょう。

たとえ難しい決定でも、目標に関係づけて考えれば、決定はより簡単なものになるでしょう。

8.決定を声にだす

友だちや家族に決定の良い点と悪い点を話しましょう

それは、周りの人に決定してもらうためではなく、選択肢を明確にし自分の選択を固めるのを助けてもらうためです。

周りの人へのすべての説明が終わるまでには、結論に到達できるでしょう。

9. 衝動的な決定を避ける

「衝動的に」決定してしまうことが多いなら、このリストの3から8までのステップに従いましょう。

これらのステップは、あなたを落ち着かせて、行動に移る前に決定を考えさせてくれます。

10.決定する練習を行う

「決定」はすればするほど簡単になります。

小さく簡単な決定から始めましょう。そして、より難しい決定のための練習をしておくのです。

まとめ

  • 間違った決定でも気にしない
  • 決定を記録する
  • 決定するための時間を作る
  • 決定を書き留める
  • 良い点と悪い点をリスト化する
  • 情報を調べる
  • 目標とつなげる
  • 決定を声にだす
  • 衝動的な決定を避ける
  • 決定する練習を行う

参考記事:10 Steps to Making Decisions Easily


ADHDの人の「やる気」マネジメント 「先延ばしグセ」を「すぐやる」にかえる! (健康ライブラリー)

タイトルとURLをコピーしました