ADHDの「不注意タイプ」の15の特徴

頭を抱える女性

一般的に、ADHDには「3つのタイプ」があると言われます。

それは、(1)「多動性・衝動性タイプ」(2)「不注意タイプ」(3)「混合タイプ」の3つです。

(1)の「多動性・衝動性タイプ」は、元気に活動的に動き回るタイプです。それに対して、(2)の「不注意タイプ」は、物を忘れたり、時間に遅れたりするタイプです。

同じADHDでも、「多動性・衝動性タイプ」と「不注意タイプ」特徴が違うのです。また、2つの特徴が混合している「混合タイプ」もあります。

今回はADHDの「不注意タイプ」の特徴を紹介します。

もしこれらの特徴が多く当てはまるなら、あなたはADHDの「不注意タイプ」なのかもしれません。

1.「集中することが苦手」

2.「話を聞いていない(ように見える)」

会話中、他の人には話を聞いていないように見えてしまいます。

3.「大切な記念日などを忘れる」

親しい人から、大切な記念日や思い出などを忘れていると文句を言われます。

4.「部屋が散らかっている」

5.「物事を最後までやり遂げられない」

物事を最後までやり遂げられません。特に退屈に感じられる事はその傾向が大きいです。

6.「どうしてもミスが出る」

いくら集中して作業をしても、どうしてもミスが出てしまいます。

7.「細かい仕事がとても苦手」

税金の計算など細かい仕事がとても苦手で、大きなストレスになります。

8.「口頭または書面での指示に従うのが難しい」

9.「よく約束に遅れたりすっぽかしてしまう」

10.「大切なものをよく失くしてしまう」

鍵や財布、パスポートなど、失くしたら大変なものをよく失くしてしまいます。

11.「人から空想家(夢見がち)だと言われる」

12.「周りのノイズや騒音がとても気になってしまう」

13.「疲れやすい」

14. 「「もっと頑張りなさい」と言われる」

実際は頑張っているにもかかわらず、学校で先生からよく「もっと頑張りなさい」と言われます。

15.「よく物事を先延ばしにしてしまう」

以上がADHDの「不注意タイプ」の特徴です。私はおそらくすべて当てはまります・・・。

社会生活を営む上で、ADHDの中でも不注意タイプの人は特に困難が大きいような気がします。

参考記事:ADHD: Inattentive Type


ADHDの教科書(6冊合本)生きづらい。息苦しい。それでも前向きに生きたいあなたへ3つのステップ。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2