ビタミンDはADHDを改善する?ADHDとビタミンDの関係

ビタミン

ビタミンDは、体内でのカルシウムの吸収を助ける骨の健康に欠かせない栄養素です。

意外に思う人もいるかもしれませんが、ビタミンDはADHDの症状を改善する効果が期待できます。

最近の研究で、ADHDの子どもはビタミンDが不足していることがわかっています。

ADHDの子どもの体内でのビタミンDのレベルは16.6 ng/mlである一方、ADHDではない子どもは23.5 ng/mlであることが研究でわかりました。

スポンサーリンク

ビタミンDのADHDへの効果とは?

ビタミンDの持つ効果は以下です。これらの効果はすべて、ADHDの症状の改善が期待できるものです。

  • ドーパミンノルエピネフリンを増やす
  • 集中力の維持を助けるアセチルコリンを増やす
  • 記憶実行機能の神経細胞の成長を促進する
  • セロトニンの放出を助ける

ビタミンDの量を増やすには?

太陽の光を浴びると、体内でビタミンDが作られます。そのため、太陽のビタミンとも呼ばれています。

また、サケ、マグロ、サバといった脂肪性の魚からもビタミンDが摂取できます。

さらに、ビタミンDのサプリメントも複数販売されています。

ビタミンDの量は適切に

ただし、ビタミンDの適切な量は人によって異なりますので、適切な量を摂取することが大切です。

参考記事:How Does Vitamin D Help ADHD?


大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

タイトルとURLをコピーしました