ビタミンDはADHDを改善する?ADHDとビタミンDの関係

ビタミン

ビタミンDは、体内でのカルシウムの吸収を助ける骨の健康に欠かせない栄養素です。

意外に思う人もいるかもしれませんが、ビタミンDはADHDの症状を改善する効果が期待できます。

最近の研究で、ADHDの子どもはビタミンDが不足していることがわかっています。

ADHDの子どもの体内でのビタミンDのレベルは16.6 ng/mlである一方、ADHDではない子どもは23.5 ng/mlであることが研究でわかりました。

スポンサーリンク

ビタミンDのADHDへの効果とは?

ビタミンDの持つ効果は以下です。これらの効果はすべて、ADHDの症状の改善が期待できるものです。

  • ドーパミンノルエピネフリンを増やす
  • 集中力の維持を助けるアセチルコリンを増やす
  • 記憶実行機能の神経細胞の成長を促進する
  • セロトニンの放出を助ける

ビタミンDの量を増やすには?

太陽の光を浴びると、体内でビタミンDが作られます。そのため、太陽のビタミンとも呼ばれています。

また、サケ、マグロ、サバといった脂肪性の魚からもビタミンDが摂取できます。

さらに、ビタミンDのサプリメントも複数販売されています。

ビタミンDの量は適切に

ただし、ビタミンDの適切な量は人によって異なりますので、適切な量を摂取することが大切です。

参考記事:How Does Vitamin D Help ADHD?


大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました