ADHDはインターネット依存症やスマホのやり過ぎが原因?

ガジェット

ADHDはインターネットやスマホのやり過ぎが原因と考える研究者がいます。

そこで、この説を簡単に紹介します。

インターネット・スマホが普及するにつれて、ADHDの人が増えている

ADHDの人の増加と、インターネット・スマホの普及がほぼ同じ時期に重なっている、これがこの説の理由です。

確かに、インターネットやスマホは、ここ最近で急速に普及してきました。そして、同じようにADHDの人も、ここ最近になって急速に増加しているように思えます。

調査によると、アメリカの子どもは一日7時間半以上スマートフォンなどを利用し、インターネットを見ています。

また、インターネット依存症の人の症状と、ADHDの人の症状が類似していることも指摘されています。インターネット依存が、何らかの行動障害を引き起こす可能性があるのかもしれません。

ADHDの人はインターネット依存症になりやすい?

さらに、ADHDの人は子どもも大人もインターネット依存症になりやすいと言われています。ADHDの人はインターネットの使用を自制できないのが原因です。

ADHDの人は依存症になりやすいと言われているので、ADHDの症状が関係しているのかもしれません。

研究者は、インターネットやスマートフォンの使用は多くの人のためにならないとし、その危険性を認識することが重要だと指摘しています。

インターネット依存症は、認知行動療法などの他の依存症の治療法が有効です。もしインターネット依存症だと思う人は、一度治療を考えてみても良いかもしれません。

因果関係はわからない

ただし注意が必要なのは、両者に直接の因果関係があるかどうかはまだわかっていません。

この両者には、何らかの関係がある可能性が高いと考えられるだけです。

参考記事:A resource turned sour, internet addiction linked to ADHD


最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本 (発達障害を考える心をつなぐ)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2