成功したら幸せになれる?ADHDの人が幸せを得るためには?

あなたは今幸せですか?

ADHDの人は幸せを感じることが少ないかもしれません。

なぜなら、常に普通の人と比べられ、欠点を指摘されることが多く、現在の状態をそのまま幸せであると感られないからです。

しかし「幸せ」とは何でしょうか?ADHDの人が幸せを得る方法を紹介します。

ADHDの人は常に「何かが足りない」と感じている

ADHDの人は、自分に厳しい人が多いです。

常に「何かが足りない」と感じています。

すでにできたことよりも、まだできていない多くのことに意識が向かうのです。

しかし、もしそのように考えると、自尊心と自信、さらにはエネルギーが低下してしまいます。

その代わりに、これからとこれまでの人生で自分がしてきたことにプライドを感じられるなら、より強く幸せを感じるでしょう。そして、より多くの成果を獲得できるはずです。

「成功=幸せ」ではない

ハーバード大学の心理学者ショーン・エイカーさんは、幸せと成功の法則を逆転させる必要があると言います。

現在、多くの人が従っている法則は次のようなものです。

一生懸命仕事で頑張れば頑張るほど、成功する。そして成功すればするほど、幸せになれる。

しかし、この法則には欠陥があります。

なぜなら、私たちは成功を収めると、また新たに次の成功に向けて目標を作るからです。

たとえば、学校で良い成績がとれたとします。しかし、そうすると今度はさらによい成績をとる必要が出てきます。

または、よい仕事に就けたとします。しかしそうすると、今度はさらによい仕事に就く必要があります。

成功して始めて幸せになれると思っている限り、「幸せ」にはなれません。

現在の幸せを大事にする

幸せになるためには、将来成功を収めるのではなく、現在の幸せを大事にすることが大切なようです。

もし、今幸せを感じ、ポジティブな気持ちになれたら、そのときには脳のパフォーマンスは改善し、知性やエネルギー、想像力が増大するのです。

ですから、お茶を飲んでリラックスしたりして、現在の幸せを大切にしましょう。

参考記事:Why Happiness = Success When You Have ADHD

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2