大人のADHDの4人に1人は不安障害。調査で明らかに

カナダで行われた最新の調査によると、ADHDを持つ20~39歳の成人の4人に1人が全般性不安障害(GAD)を患っていることがわかりました。

また、ADHDの女性の方が、不安障害になる確率が約5倍高いこともわかりました。

調査を行ったAndie MacNeil氏は、今回の調査結果は、ADHDを持つ女性も不安を経験しやすい可能性を示唆しており、ADHDを持つ女性へのサポートを充実させる必要性を強調しています。

幼少期に親から慢性的な家庭内暴力などを経験をした成人は、全般性不安障害になる確率が3倍高いこともわかりました。

ADHDを持つ大人が不安障害になる他の要因としては、収入が4万ドル以下であること、親しい人間関係が少ないことなどがあげられます。

調査を行った Fuller-Thomson氏は「ADHDの方で精神的な問題に悩んでいる方は、かかりつけの医師や、ソーシャルワーカー、心理士、精神科医などの精神保健の専門家に相談することが非常に重要です。CBTなどの効果的な治療法があり、生活の質を劇的に向上させることができます」と述べています。

認知行動療法が役に立つようですね。

参考記事:One in four adults with ADHD found to have generalized anxiety disorder

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました