ADHDと食べ物

対人苦手リンク

欧米などでは、ADHDの治療法として「食べ物」に注目が集まっているそうです。

研究によると、「高タンパク」「低糖」「無添加の食事」と「フィッシュオイル」「亜鉛」などのサプリメントを組み合わせることで、ADHD症状の改善が期待できるそうです。

しかも、食べ物の場合は薬と違い副作用はありません。そこで、ADHDの症状の改善が期待できる食べ物をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「タンパク質を摂取する」

タンパク質が豊富な食品はADHDの症状を改善する効果が期待できるそうです。

タンパク質が豊富な食品は「牛肉」「豚肉」「鶏肉」「魚」「卵」「豆」「ナッツ類」「大豆」および「低脂肪の乳製品」などです。

「フィッシュオイル」

フィッシュオイルに含まれる「オメガ3脂肪酸」は、ADHDの症状の中でも過集中と衝動性、集中力の改善が期待できるそうです。

研究によると、ADHDの子供はオメガ3脂肪酸の量が少ないそうです。

そのため、オメガ3脂肪酸の含まれる魚を食べたり、サプリメントを利用したりして、オメガ3脂肪酸を摂取するのがおすすめのようです。

「鉄分」

研究によると、ADHDの子どもは体内の鉄分の量が少ないことがわかったそうです。

ただし、過剰に鉄分を摂取することは危険です。まずは小児科医の診断を受けたほうが良いようです。

「亜鉛とマグネシウム」

亜鉛とマグネシウムは、ADHDの症状の改善が期待できるそうです。

亜鉛とマグネシウムは両方とも健康に必須ですが、多くの人は十分な亜鉛とマグネシウムを摂取できていないそうです。

「亜鉛」は神経伝達物質の「ドーパミン」を調節し、「ドーパミン」に対する脳の反応の改善が期待できるそうです。

また、「マグネシウム」は注意力と集中力に関係する神経伝達物質を作り出し、脳を落ち着かせる効果が期待できるそうです。

「人口添加物を避ける」

複数の研究によると、人工添加物は子供の多動性と過集中の症状をより強める可能性があるそうです。

ヨーロッパの労働組合は食品のラベルに「この食品は子供の活動性と注意力に悪影響を及ぼす可能性があります。」という警告文をのせるよう要求しているそうです。

人口添加物を避けるには、原材料のラベルを読み人口添加物の入っていない食品を探すのが良いかもしれません。一番良いのは新鮮で未加工の食品です。

「食品感受性」に気を付ける

多くの研究によると、ADHDの子どもの多くに体質と合わない食品があります。

子どもの体質に合わない食事を続けるとADHDの症状をより悪化させる可能性があります。

最近の研究によると、50人の子どもの食事を5週間の間コントロールして観察したところ、78パーセントの子供にADHDの症状の改善が見られたそうです。

「ハーブを試してみる」

ハーブはADHDの症状を改善する効果が期待できるそうです。

ハーブは「イチョウ」「セントジョンズワート」「ロディオラ」です。

また、多動性と睡眠障害に関する研究によると、「カノコソウ」と「レモンバーム」の組み合わせは、ADHDの子どもの不安を減らし、リラックスさせる効果が期待できるそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ