ADHDの人はドーパミンが不足している?ドーパミンを増やす8の方法

ADHDの人の脳から出るドーパミンの量は少ないのを知っていましたか?

ドーパミンの不足は、「注意力」や「集中力」、「衝動性」、「気分」、「モチベーション」などに影響を与えます。

ドーパミンが不足していると、脳はドーパミンを求めます。そのため、ドーパミンの放出につながる不健康で危険な行動を自然にしてしまいます。

たとえば、炭水化物を食べ過ぎたり、タバコを吸ったり、お酒を飲んだり、スピード運転をしたり、不倫をしていまいます。

しかし、このような不健康で危険な方法ではなく健康で自然な方法でも脳のドーパミンを増やせます。以下でその方法を紹介します。

スポンサーリンク

「脳のドーパミンを増やす方法」

1.「運動」

「運動」をすると脳は多くのドーパミンを出すそうです。

お気に入りの運動を見つけて、毎日運動をしましょう。

2.「オメガ3脂肪酸」

「オメガ3脂肪酸」はドーパミンを増やす効果が期待できるそうです。

オメガ3脂肪酸は食べ物やサプリメントから摂取できます。

また、最近の研究でオメガ3脂肪酸は大腸がんでの死亡リスクを減らす効果も発見されました。オメガ3脂肪酸はADHD以外でも効果が期待できるようです。

参考記事:ADHDの症状を改善する「オメガ3脂肪酸」、大腸がんにも効果的

3.「瞑想」

「瞑想」もドーパミンを増やす効果が期待できるそうです。

4.「ビタミンC」

ビタミンC」はドーパミンが脳内で効果的に働くのを助ける効果が期待できるそうです。

5.「ドーパミンを増やす食べ物」

ドーパミンを増やす効果が期待できる食べ物には、「牛肉」「豚肉」「羊肉」「鶏肉」「魚」などがあるそうです。

6.「鉄とビタミンB6」

「鉄」と「ビタミンB6」は、体内で食べ物の成分を「ドーパミン」に変換する働きがあるそうです。そのため、「鉄」と「ビタミンB6」はドーパミンを増やす効果が期待できるそうです。

84%のADHDの子供に鉄分が不足していることを示す研究もあるそうです。

7.「睡眠」

睡眠中はドーパミンが増えるそうです。

8.「ストレスを減らす」

「ストレス」を減らしましょう。ストレスはドーパミンを減らすそうです。

「まとめと感想」

以上です。この中で一番気軽にできるのは「運動」と「瞑想」でしょうか。

特に運動をするとドーパミンが出るというのは経験的にわかるような気がします。体を動かした後などは、ある種の興奮状態になるような気がします。

運動は健康全般にも良いですし、まずは一番にやるべきことなのかもしれません。

参考記事:ADHD and Dopamine

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました