ADHDの子どもはいじめの加害者・被害者になる可能性が高い。研究で明らかに

子ども

アメリカの研究によると、注意欠陥多動性障害(ADHDまたはADD)を持つ学齢期(6歳~15歳)の子どもは、いじめの加害者、いじめの被害者、またはその両方になる可能性が、非ADHDの子どもと比べて3倍から17倍多いことがわかりました。

これはアメリカの「the Journal of Attention Disorders」に掲載された研究です。

研究者グループは、ADHDの子ども199人と、非ADHDの子ども287人の二次データ分析(secondary data analysis)を行いました。

その結果、 いじめの被害者のみになる可能性が3.7 倍、いじめの加害者と被害者の両方になる可能性が 17.71 倍、いじめの加害者のみになる可能性が8.17倍であることがわかりました。

研究グループは、いじめはADHDが原因として生じる深刻な事態だと考えるべきと結論付けています。また、これはいじめと ADHD の間の関係を示す既存の研究とも一致します。

参考記事:Study: Children with ADHD More Likely to Bully — and to Be Bullied


ADHDの子の育て方のコツがわかる本 (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました