アスペルガー症候群の女性はランチの時の会話が苦手?

アスペルガー症候群というと男性のイメージが強いですが、もちろん女性にもアスペルガー症候群の人はいます。

しかし、男性のアスペルガーと女性のアスペルガーは症状が違うようです。女性の場合、ランチの時などでの女性同士の会話が苦手な人が多いそうです。

ランチ時の女子トークに入れない…発達障害・アスペルガー女性のつらさ | 女子SPA! | ページ 2
「私には友達がいません。今はいらないんです。私はいわゆるガールズトークをしません。できないし、意義を全く見い出せないんです」そう切り出したのはアスペルガー症候群の診断を受けたCさん(30代)。前回ま…

“1日の間で1番辛い時間帯はいつですか?”と質問をしたところ、“お昼ご飯を食べる時なんです”と答えが返ってきました。“どうしてお昼ご飯を食べる時が辛いのか”って聞くと、”最近どう? っていう話がランチのときに出るから”と答えるのです

女性の場合、みんなで行動することが男性より多いと思います。ランチの時なども一緒に食べることが多いでしょう。女性が1人で行動していると目立ってしまったり、少し変な風に見られてしまうこともあるかもしれません。しかし、女性同士の会話が苦手なアスペルガーの女性にとって、それは辛いことなのかもしれません。

記事によると、アスペルガーの女性は「無理にコミュニケーションを取ろうとしなくていい」とのことです。

Cさんは診断を受けるまで、グループに入ろうと努力していました。しかし、自分の特性を自覚してからは、無理に付き合おうとせず、自分を理解してくれる人との関係を大切にしようと思ったといいます。また、一人になると考えが整理でき、気持ちが落ち着くとも言っています。

「無理に付き合おうとしなくてもいい」そう思えると楽になれる人も多いかもしれませんね。職場も仕事をする場所と割り切ってしまえればよいのかもしれません。

ただし、チームワークなどが積極的に求められる職場だと、1人で行動してばかりいるともしかしたら注意を受けたりしてしまうのかもしれません。これは職場環境などでもだいぶ違うかもしれません。

また、これは女性だけでなく男性にも当てはまるような気もします。女性ほどではありませんが、男性も男性同士の会話が苦手という人も少なくないように思えます。

参考記事:ランチ時の女子トークに入れない…発達障害・アスペルガー女性のつらさ

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました