インドのハイデラバードで自閉症の男性がケーキ店をオープン。人気に

Autistic 22-year-old Hyderabadi opens bakery defying odds
Roshan Varghese, who has Autism Spectrum Disorder, has defied odds to successfully run Mom's Cakes and Bakes, a well-known bakery in the city

自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つローシャンさん(22歳)は、インドのハイデラバードでケーキ店「Mom’s Cakes and Bakes」を経営しています。

彼の母親であるマリーさんが彼の注文を手伝っています。

ローシャンさんのケーキは人気があり、ムンバイやケーララ州などの都市以外にも、カナダ、イギリス、バーレーン、さらにはアメリカからも注文があります。

ローシャンさんはわずか2歳の時にASDと診断されました。

母親のマリーさんによると、彼女がクリスマスの時にケーキを作っていると、ローシャンさんはそれを注意深く観察していました。

ケーキ

ローシャンさんが14歳の時、マリーさんがクリスマス用のケーキを作っていると、ローシャンさんは次に何を入れたら良いかや、正しい量を教えてくれました。

それで、マリーさんは、ローシャンさんにケーキを作らせることにしました。結果的に、それがとても良く、ローシャンさんはとても喜んでいました。ローシャンさんは非常に集中し、注意深くケーキ作りをしていました。

これを見た家族は、ローシャンさんのためにパン屋を開くことに決めました。最初は家族や友人からの注文を受けていましたが、次第に注文が殺到するようになりました。

ローシャンさんの最も人気があるケーキはラム酒のケーキで、クリスマスの間に何度も注文を受けるそうです。ストレスがたまることもありますが、この仕事はローシャンさんに達成感を与えてくれます。

マリーさんによると、大量の注文に対応しなければならないこともありますが、品質に妥協することはありません。

日本でも発達障害の少年がコーヒー豆を売る店を開いたことが話題になりましたが、自営で食べ物を売る店を開くというのは、発達障害の人に向いているのかもしれません。

参考記事:Autistic 22-year-old Hyderabadi opens bakery defying odds

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました