2017年06月一覧

スポンサーリンク
対人関係728

行動力のないADHDの人は「5秒ルール」がおすすめ?5秒ルールとは

行動力のないADHDの人は、5秒ルールがおすすめです。 5秒ルールというのは、行動を開始する際に5、4、3、2、1と、5秒数えてから行動を始めるというルールです。5秒ルールをすることで、行動力のない人も行動ができるようになるようです。この5秒ルールは、メル・ロビンズという女性が考案し、その後世界的に有名になりました。

IQ184のアスペルガー症候群の男性、仕事につけない悩み

ニュージーランドに住む、デイビット・グリア(David Greer)さんは、アスペルガー症候群の男性です。IQはなんと184もあり、コンピュータや、林業、農業の技術を持ち、トラックの運転免許も持っているそうです。しかし、彼の障がいがわかると、雇うのを止めようとする雇い主が多いそうです。

対人関係の苦手な人は家庭教師の仕事が向いているかも?家庭教師の仕事のメリットとは

対人関係の苦手な人は、家庭教師の仕事が向いているかもしれません。 その理由をいくつか紹介します。しかし、家庭教師の仕事は上司や同僚がいないので、人間関係のストレスを抱えることはありません。 1.「(気の合わない)上司や同僚がいない」対人関係の苦手な人の中には、上司や同僚との人間関係で苦労する人も多いと思います。

発達障害者を支援する人の「資格」が複数創設される

発達障害者に関する社会の関心は広がっています。 そんな中、発達障害者を支援する人のための「資格」が複数創設されたそうです。 創設された資格は、「発達障害学習支援サポーター」「精神・発達障害者しごとサポーター」「発達支援サポーター」「発達支援マネージャー」です。 この中には厚生労働省が創設した資格もあります。

叱られたときのショックでフラッシュバックし、泣いてしまうという人の悩み

働いていると、叱られることが必ずありますよね。 叱られても平気な人もいれば、ひどいショックを受ける人もいます。対人関係の苦手な人は、どちらかというとショックを受けやすい人のほうが多いのかもしれません。 発達障害の人も、批判されるのが苦手な人だとも言われます。私も叱られるのは非常に苦手です。

アスペルガーの人はサブカルチャーに関わる人と付き合うと良い?

アスペルガーの人は定型発達の世界で人と付き合うには苦労することが多いです。『アスペルガー流人間関係』という本では、「自分にとって不自然な社会システムには距離を置き、自分の気持ちが惹かれるところに行く」ことが提案されています。その例の1つが、サブカルチャーに関わる人と付き合うことです。

ADHDの人は農業や酪農の仕事が向いている6の理由

ADHDの人は、農業や酪農の仕事が向いているかもしれません。 そこで、その理由をいくつか紹介します。「1人で仕事ができる」 農業の仕事は、1人でもくもくと行う仕事が多いと思います。「外見を気にしなくて済む」 農業の仕事は、外見を気にしなくて済みます。

ADHDの人におすすめ?スマホで気軽にできる「ハンドスピナーのアプリ」

最近、ハンドスピナーが人気のようです。特に、ADHDの人には症状を和らげたり、ストレスを減らしたりする効果があると言われているそうです。 しかし、ハンドスピナーを常に持ち歩くのも結構大変ですし、場所や状況によっては使用することが難しい場合もありますよね。そんな人におすすめなのが、ハンドスピナーのアプリです。

発達障害のある人は「塾講師」の仕事がおすすめかも?

発達障害のある人は塾講師がおすすめかもしれません。 というのは、発達障害のある人は勉強ができる人も多いと思うからです。最近よくあるパターンは、大学までは成績優秀だったが就職活動でつまづき、発達障害が発覚するというパターンです。 こういう人は勉強はできるが、それ以外の部分で問題があるということだと思います。

HSPの人の理想の仕事は?自営業とパート・アルバイトのかけもちがおすすめ?

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の人は、さまざまなものに敏感です。 そのため、働く場所の環境によっては、激しく消耗したりエネルギーを吸い取られてしまって、能力が発揮できなかったり疲れ果ててしまうことがあるようです。 たとえば以下のような環境要因が、HSPの人に悪い影響を与えるようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2