2016年10月一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

発達障害の女性が作る『ハンドメイドiQOSケース』が人気。過集中を利用して制作

発達障害の女性が作る『ハンドメイドiQOSレザーケース』が人気だそうです。FBで制作の動画を公開したところ、3日で1万5千アクセス以上を集めたそうです。 デザイナーの女性はADHDの症状である過集中を利用して制作をしているそうです。マイナスをプラスに変えているということでしょうか。

嫌な気分を変えたい人におすすめ!簡単にできる、気分をあっという間に変える方法

仕事やプライベートなどで生まれた嫌な気分をずっと引きずる人も多いと思います。簡単に気分をスイッチできる人もいますが、そうではない人もたくさんいるのです。そんな人におすすめの、手軽に簡単にできる、気分を変えられる方法をいくつか紹介します。

薬物治療に頼らずに発達障害が治る「NHA」とは?

最近、薬物治療に頼らずに発達障害が治るという方法が人気になっているそうです。その方法とは、「NHA(Nurtured Heart Approach=こころを育てるアプローチ)」というコミュニケーション方法です。 これはアメリカで生まれた方法で、1900人以上のトレーナーが世界各地で活躍しているそうです。

こんな「問題」があったら大人のADHDかも?ADHDを意味するいくつかの問題

大人のADHDの人の特徴は、子どものADHDよりもわかりにくい形で現れます。そのため、ADHDが原因で問題が生じていても、それに自覚がない場合も多いのです。 そこで大人のADHDの人が抱えやすい問題をいくつか紹介します。もしこんな問題を抱えていたら大人のADHDかもしれません。

栗原類さん、発達障害が原因で地獄のようないじめを経験していた

栗原類さんは、以前、発達障害であることを告白しました。 そして最近、発達障害に関する本、『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』が発売になりました。 その栗原類さんですが、インタビューで、過去に「地獄のようないじめ」を経験したことを話しています。

10分でADHDの診断テストが終了?目の動きでADHDを診断する新しい技術が開発される

最新の新しい技術により、もしかしたらADHDの診断が10分で完了するようになるかもしれません。「Braingaze」という企業が開発した技術によると、「目の動き」を利用し、診断する人の「注意持続時間」を突き止めることで、ADHD(注意欠陥多動性障害)かどうかを10分で診断できるようになるそうです。

ADHDの人など、集中力の低い人が手軽にできる、集中力を高める方法

ADHDの人は特に集中力が低いと言われていますよね(特定の興味のある事柄には過剰に集中しますが)。 またADHDの人でなくても、集中力がない、持続しないという人も多いと思います。そんな人が集中力を強める方法を紹介します。 これは特別な方法ではなくて、机から離れることなくできる手軽な方法です。

NO IMAGE

兵庫労働局が発達障害者の女性にいじめ?

兵庫労働局で働いていた発達障害者の女性がいじめや虐待を受けていたことがわかったそうです。女性は退職を余儀なくされたとのことです。 しかも驚くべきことは、この女性は障害者雇用を促進する部署で働いていたそうです。障害者雇用を促進する部署で障害者に対するいじめや虐待があるというのは、なんとも信じがたいことですね。

ひきこもり・ニートの人は株式投資をやったほうが良い?

ひきこもり・ニートの人にとって、「働くこと」は、ひきこもり・ニート状態から脱出するうえでとても重要なことだと思います。ひとまず働くことができれば、大きな一歩となる可能性が高いでしょう。そのため国や支援団体なども就労支援を行っています。しかしひきこもりの専門家によると「ひきこもり・ニートの99%は就労できない」そうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2