2016年05月一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

漫画家「史群アル仙」さんのエッセイ漫画「不安障害とADHDの歩き方」が話題に

漫画家の「史群アル仙」さんのADHDと不安障害に関したエッセイ漫画が話題になっています。 史群アル仙さん自身がADHDと不安障害を抱えており、それをエッセイ漫画として描いています。当事者の方が経験したことを元にしているので、とてもリアリティがあるものになっているのではないでしょうか。

ヴァージン・グループの創設者「リチャード・ブランソン」さんが語る、ADHDの人が成功する秘訣とは?

ADHDの人の中には成功を収め、億万長者になった人も少なくありません。ADHDの人が成功するための秘訣は何でしょうか? リチャード・ブランソンさんは、ビジネスで大きな成功を収めた人物です。ヴァージン・グループの創設者で会長を務めています。彼はADHDです。またディスクレシア(読み書き障害)でもあるそうです。

NO IMAGE

うつ病が治せるゲーム「SPARX(スパークス)」の日本語版が登場

ニュージーランドのオークランド大学で開発されたうつ病が治せるゲーム、「SPARX(スパークス)」の日本語版が登場しました。 このゲームをやることで、カウンセリング治療と同じ効果が得られたそうです。このゲームを4ー7週間に渡って行った人は、うつの傾向が軽減されたり、完治する人もいたそうです。以下が説明の動画です。

リゾートバイトをしたいコミュ障の人は個室を選ぶべき?コミュ障の人がリゾートバイトで気をつけたいこと

リゾートバイトは、リア充の明るい人がするというイメージがあります。しかし、暗くて友達があまりいない、人見知りや「コミュ障」の人がしても良いと思います。ただしコミュ障の人がリゾートバイトをする場合は、いくつか気をつけたほうがいい点があります。そこで「コミュ障」の人がリゾートバイトをするときに気をつけたいことを紹介します。

内向的な人に向いている仕事11選

この世の中は「外向的な人」が求められる傾向にありますよね。仕事の求人にいつも書いてあるのは「明るい人募集」です。「内向的」な人は生き辛い社会なのかもしれません。 しかし数は多くはありませんが、仕事の中には「内向的な人に向いている」仕事も複数あります。どうせ働くなら内向的な人が働きやすい仕事のほうがいいですよね。

ADHDの改善が期待できる6つの漢方薬

最近、ADHD治療薬に代わるオルタナティブとして、「漢方」が注目を集めているそうです。漢方は数千年の歴史を持つ中国の薬ですね。実際、漢方薬がADHDの治療に効果的であるという研究結果も複数あるそうです。そこで、ADHDの大人と子どもの両方に効果があると期待される漢方薬を紹介します。

ネットでできる「強迫性障害」を診断チェックできるサイトまとめ

家を出た後「あれ鍵閉めたかな・・・?火止めたかな・・・?」と戸締りを確認したくなったことはありませんか?これがエスカレートして一日に何度も何度も戸締りを確認せずにはいられなくなっていると、これは「強迫性障害」の可能性があります。もし心当たりのある方は一度強迫性障害の診断テストを受けてみてはいかがでしょうか。

なぜADHDの人は「先延ばし」をしてしまうのか?原因は?

多くのADHDの人は「先延ばし」をしてしまいます。「先延ばし」は、職場や家、人間関係で大きな問題を引き起こします。もし職場で仕事の先延ばしが行われ、締め切りに遅れたら問題になるでしょう。また家で家計簿のチェックが遅れたり、水道光熱費の支払いが遅れたりしたら問題が起こります。

意外に重要!?ADHDの人は毎朝ベッドを整えることが大切

あなたは毎朝起きたらベッドを整えていますか?それともそのまま無造作にしていますか?ADHDの専門家によると、毎朝ベッドを整えることがADHDの人には重要だそうです。これについての海外記事を紹介します。記事によると、これはアメリカの海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」の教えだそうです。

「発達障害者支援法」の改正法案が全会一致で可決

24日、「発達障害者支援法」の改正法案が参院厚生労働委員会で可決されました。 この改正案は「発達障害者が「切れ目ない支援」を受けられるよう、国と自治体に教育現場でのきめ細かい対応や職場定着の配慮」を求めるものです。教育や雇用、また刑事事件、民事事件での発達障害者へのさらなる支援が国や自治体、雇用主に義務付けられます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2