ADHDの子どもが食べたほうが良い15の食べ物

ADHDの子どもが食べたほうが良い15の食べ物を紹介します。

以下の記事を参考にしました。

Best Foods For Kids With ADHD - ActiveBeat
We've compiled a list of the 15 best foods for children with ADHD.

最近、アメリカではADHDの症状を改善させる方法として、親や医者が食べ物に気をつけるようになっています。

毎日の食事に気をつけるだけでもADHDの様々な症状に大きな影響があります

*注意が必要なのは、子どもによってはアレルギーのある食べ物もあります。そのため今回紹介する食べ物は必ずしも全ての子どもに適しているわけではありません。食事を変える際には、一度医者と相談したほうが良いでしょう。

市販されている食べ物の中にはADHDの症状を引き起こす/抑える可能性のある成分が含まれています。

人口甘味料、大量の砂糖、飽和脂肪、カフェインが含まれる食べ物や冷凍食品は、子どものADHDの症状を引き起こす要因となる可能性があります

他方で、ビタミンB、たんぱく質(プロテイン)、カルシウム、トレース・ミネラルは子どものADHDの症状を継続的に減少させる働きが期待できます

以下に紹介する15の食べ物は、ADHDの子どもにとって最高となりうる食べ物です。

スポンサーリンク

1.「リンゴ」

リンゴには複合炭水化物が豊富に含まれています。

医者の多くは、ADHDの子どもに複合炭水化物をたくさん食べるようにすすめています

また、寝る前にリンゴを食べることで、よく眠れるようになる効果もあります

2.「ヤギのチーズ(シェーブルチーズ)」

チーズにはたんぱく質が豊富に含まれています。

しかし、牛乳が苦手な子どもの場合、チーズはADHDの症状を悪化させる可能性があります。

もし子供が牛乳にアレルギーを持っているのなら、ヤギのチーズに変えてみることをお勧めします。

ヤギのチーズは集中力を高めてADHDの治療薬による効果を高める効果が期待できます。

3.「ナシ」

リンゴと同じように、ナシも「複合炭水化物」が豊富に含まれています。

もし子供がリンゴを嫌いなら(または食品の種類を増やすなら)、ナシは素晴らしい代替品です。

またリンゴやその他の複合炭水化物と同じように、夜にナシを食べると子どもがよく眠れます

4.「ツナ」

ツナにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、オメガ3脂肪酸は子どものADHDの症状を大幅に減少させる効果が期待できます。

ツナを使って子どもの昼食のサンドイッチやサラダなどを作れば、ADHDの症状を抑えることが期待できます。

5.「卵」

卵には「たんぱく質」が豊富に含まれています。

たんぱく質はバランスの取れた食事に不可欠であり、ADHDの子どもの症状を抑える効果が期待できます

6.「ナッツ」

ツナと同じように、ナッツもオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

特に、クルミとブラジルナッツは、ADHDの症状を抑える強力な効果が期待できます。

7.「ほうれん草」

ほうれん草は、ADHDの子どもの症状を抑えるのに最も効果が期待できる野菜です。

医者がADHDの子どもに一番よくすすめるのは、緑の野菜とほうれん草です

ほうれん草の食べ方にはたくさんの方法があります。

子供がほうれん草を食べるのを嫌がったら、果物などと一緒に混ぜてスムージーにすれば、子どもはほうれん草を食べていることさえわからないはずです。

8.「オレンジ」

オレンジや100%のオレンジジュースにより、子どもの食事に複合炭水化物を加えられます。

また、オレンジは睡眠を助ける効果もあり、ビタミンCも豊富に含まれています。

朝食に一杯のオレンジジュースを飲んだり、おやつにオレンジを食べましょう。

ADHDの症状を抑える効果が大いに期待できます。

9.「キウイ」

オレンジ、リンゴ、ナシと同じように、キウイも複合炭水化物を豊富に含んでいます。

キウイは美味しいだけでなく、食べるのも楽しい果物です。子どもの食事に変化を加えたい場合にはぴったりの食べ物です。

リンゴとナシばかり毎日食べていたら飽きてしまうので、キウイを加えれば子どもは笑顔になり、たくさん食べてくれるでしょう。

10.「鮭」

少なくとも1週間に1度は鮭を食べることで、ADHDの症状を軽減させる効果が期待できます

鮭はオメガ3脂肪酸を豊富に含んでおり、また最も健康的な魚の一つです。

もし食事に鮭を加えたい場合は鮭を切り身にしてほうれん草と一緒にし、ヘルシーなほうれん草サラダにするとよいです。

11.「(全粒粉)シリアル」

シリアルは、ADHDで苦しむ子どもにとっておすすめの朝食の1つです。

しかしいくつか覚えておくべき大切なことがあります。

第一に、シリアルは「多種の穀物(マルチグレイン)」が含まれているものを選ぶこと。

第二に、人口着色料と甘味料を含むシリアルは避けること。単純に色が派手なものではなく普通の色をしたシリアルを選べばよいのかもしれません。

また、ADHDの人にはグルテンフリーのものが良いとも言われています。シリアルもグルテンフリーのものを選ぶとさらによいのかもしれません。

ただしグルテンフリーのものは日本ではまだあまり手に入りにくいです。たとえば「iHerb」というアメリカの健康食品を通信販売しているサイトなどで購入できます。

白身魚は、子どもの食事にオメガ3脂肪酸を豊富に加えられます

もし鮭に飽きてしまったら、白身魚はその代わりとなります。

13.「豆」

豆はチーズや卵と同じように、たんぱく質を豊富に含んでいます。

ADHDの子どもはたんぱく質が含まれた食事を続けることがとても重要です。

少しの豆を毎日食べるだけでもADHDの症状を抑制する効果が期待できます。

14.「グレープフルーツ」

リンゴ、ナシ、オレンジ以外で、子供の食事に変化を加えたい場合、グレープフルーツもおすすめです。

朝食にグレープフルーツを食べれば、子どもは元気に学校に行くことができるでしょう。

15.「鶏肉」

鶏肉はとても健康良い食べ物です。鶏肉に最も多く含まれる栄養成分はたんぱく質なので、ADHDの子供どもに良い食べ物です。

多くの子どもは鶏肉が大好きで、鶏肉を使った料理は数え切れないくらいあります。

鶏肉のサラダと鶏肉のピザから鶏肉のスープ、スタッフドチキンまで、子どもが大好きな鶏肉の料理は無限です。

子どもの食事にたんぱく質を加えることで、集中力を改善し、ADHDの治療薬の効果をより持続させることが期待できます

参考サイト:15 Best Foods For Kids With ADHD

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました