ADHDの子どもが食べたほうが良い15の食べ物

対人苦手リンク

ADHDの子どもが食べたほうが良い15の食べ物を紹介します。

以下の記事を参考にしました。

According to the CDC (Center for Disease Control and Prevention), 8.4 percent of children aged 3-17 years in the US suffer from ADHD.

最近、アメリカではADHDの症状を改善させる方法として多くの親や医者が食べ物に気をつけるようになっているそうです。

毎日の食事に気をつけるだけでもADHDの様々な症状に大きな影響があるそうです。

*注意が必要なのは、子供によってはアレルギーのある食べ物もあります。そのため今回紹介する食べ物は必ずしも全ての子供に適しているわけではありません。食事を変える際には、一度医者と相談したほうが良いでしょう。

市販されている食べ物の中にはADHDの症状を引き起こす/抑える可能性のある成分が含まれているそうです。

人口甘味料、大量の砂糖、飽和脂肪、カフェインが含まれる食べ物や冷凍食品は、子供のADHDの症状を引き起こす要因となる可能性があるそうです。

他方で、ビタミンB、たんぱく質(プロテイン)、カルシウム、トレース・ミネラルは子供のADHDの症状を継続的に減少させる働きが期待できるそうです。

以下に紹介する15の食べ物は、ADHDの子どもにとって最高となりうる食べ物です。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「リンゴ」

Apple

リンゴには「複合炭水化物」が豊富に含まれています。

医者の多くは、ADHDの子供に「複合炭水化物」をたくさん食べるように勧めているそうです。

また、寝る前にリンゴを食べると子供がよく眠れるようにもなるそうです。

1日1つのリンゴを食べることでADHDの症状を抑える効果が期待できるそうです。

2.「ヤギのチーズ(シェーブルチーズ)」

Cheese

チーズには「たんぱく質」が豊富に含まれています。

しかし、牛乳が苦手な子供の場合チーズはADHDの症状を悪化させる可能性があります。

もし子供が牛乳にアレルギーを持っているのなら、ヤギのチーズに変えてみることをお勧めします。

ヤギのチーズは集中力を高めてADHDの治療薬による効果を高める効果が期待できるそうです。

3.「ナシ」

pear

リンゴと同じように、ナシも「複合炭水化物」が豊富に含まれています。

もし子供がリンゴを嫌いなら(または食品の種類を増やすなら)、ナシは素晴らしい代替品です。

またリンゴやその他の複合炭水化物と同じように、夜にナシを食べると子どもがよく眠れるそうです。

4.「ツナ」

Tuna Salad

「オメガ3脂肪酸」は子どものADHDの症状を大幅に減少させる効果が期待できることで知られています。

そして、「ツナ」はオメガ3脂肪酸を豊富に含む食べ物です。

ツナを使用して子供の昼食のサンドイッチやサラダなどを作れば、ADHDの症状を抑えることが期待できます。

5.「卵」

Eggs

「卵」も「たんぱく質」を豊富に含んでいます。

たんぱく質はバランスの整った食事にとって不可欠であり、またADHDの子供の症状を抑える効果が期待できるそうです。

また、チーズと同じように「卵」もADHDの子どもの集中力とADHD治療薬の効果を高めることが期待できるそうです。

6.「ナッツ」

Nuts

ツナと同じように、「ナッツ」も「オメガ3脂肪酸」を豊富に含んでいます。

特に、「クルミ」と「ブラジルナッツ」はADHDの症状を抑える強力な効果が期待できるそうです。

7.「ほうれん草」

ほうれん草のソテー

「ほうれん草」はADHDの子どもの症状を抑えるのに最も効果が期待できる野菜だそうです。

医者がADHDの子供に一番よく勧めるのは緑の野菜とほうれん草だそうです。

ほうれん草の食べ方にはたくさんの方法があります。もし子供がほうれん草を食べるのを嫌がったら、果物などと一緒に混ぜて「スムージー」にしましょう。そうすれば子供はほうれん草を食べていることさえわからないはずです。

8.「オレンジ」

Oranges in The Borough market. London

オレンジを食べたり、100%のオレンジジュースを飲むことで、子供の食事に「複合炭水化物」を加えることができます。

またオレンジは睡眠を助ける効果もあり、ビタミンCも豊富に含まれています。

朝食に一杯のオレンジジュースを飲みましょう。またはおやつにオレンジを食べましょう。

ADHDの症状を抑える効果が大いに期待できるそうです。

9.「キウイ」

kiwi

子供は「キウイ」が大好きです!

オレンジ、リンゴ、ナシと同じように、「キウイ」も複合炭水化物を豊富に含んでいます。

キウイは美味しいだけでなく、食べるのも楽しい果物です。子供の食事に変化を加えたい場合にはぴったりの食べ物です。

リンゴとナシばかり毎日食べていたら飽きてしまいます。キウイを加えることで、子供は笑顔になり、たくさん食べてくれるでしょう。

10.「鮭」

salmon

少なくとも1週間に1度「鮭」を食べるとADHDの症状を軽減させる効果が期待できるそうです。

鮭は「オメガ3脂肪酸」を豊富に含んでおり、また最も健康的な魚の一つだそうです。

もし食事に鮭を加えたい場合は鮭を切り身にしてほうれん草と一緒にし、ヘルシーなほうれん草サラダにするとよいそうです。

11.「(全粒粉)シリアル」

cereal

「シリアル」はADHDで苦しむ子供にとってとても健康的な朝食の1つだそうです。

しかしいくつか覚えておくべき大切なことがあります。

第一に、シリアルは「多種の穀物(マルチグレイン)」が含まれているものを選ぶとよいそうです。

第二に、「人口着色料」と「甘味料」を含むシリアルは避けたほうがよいそうです。単純に色が派手なものではなく普通の色をしたシリアルを選べばよいのかもしれません。

また、ADHDの人には「グルテンフリー」のものが良いとも言われています。シリアルもグルテンフリーのものを選ぶとさらによいのかもしれません。

ただしグルテンフリーのものは日本ではまだあまり手に入りにくいです。たとえば「iHerb」というアメリカの健康食品を通信販売しているサイトなどで購入できます。

12.「白身魚」

Kumquat-Lime Glazed Tilapia

「白身魚」は子どもの食事に「オメガ3脂肪酸」を豊富に加えることができます。

もし鮭を食べ過ぎて飽きてしまったら白身魚はその代わりとなります。

13.「豆」

Red Beans

「豆」はチーズや卵と同じように「たんぱく質」を豊富に含んでいます。

ADHDの子どもはたんぱく質が含まれた食事を続けることがとても重要だそうです。

少しの豆を毎日食べるだけでもADHDの症状を抑制する効果が期待できるそうです。

14.「グレープフルーツ」

pink grapefruit

リンゴ、ナシ、オレンジ以外で、子供の食事に変化を加えたい場合、「グレープフルーツ」はお勧めです。

朝食にグレープフルーツを食べれば、子供は元気に学校に行くことができるでしょう。

15.「鶏肉」

roast chook with chicken liver & rosemary stuffing

「鶏肉」はとても健康によい食べ物です。鶏肉に最も多く含まれる栄養成分は「たんぱく質」です。そのためADHDの子供によい食べ物だそうです。

多くの子供は鶏肉が大好きで鶏肉を使った料理は数え切れないくらいあります。

鶏肉のサラダと鶏肉のピザから鶏肉のスープ、スタッフドチキンまで、子供が大好きな鶏肉の料理は無限です。

子供の食事に「たんぱく質」を加えることで、集中力を改善し、ADHDの治療薬の効果をより持続させることが期待できるそうです。

参考サイト:15 Best Foods For Kids With ADHD

「食べてはいけない食べ物」の記事はこちらです。

ADHDの人が食べてはいけない19の食べ物

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ