月経前症候群(PMS)がADHDの症状を悪化させる?

a0960_007042

女性にとって月経前症候群(PMS)は憂鬱な問題ですよね。月経前症候群をもう一度確認してみると、月経前症候群の定義は次になります。

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)は、数か月にわたって月経の周期に伴って、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。 月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とも。

月経前症候群

また月経前症候群の症状としては以下のようなものがあります。

・肌荒れ
・眠気が強くなる
・目まい
・頭痛
・吐き気
・無気力

ADHDの専門家によると、月経前症候群はADHDの症状をさらに悪化させるそうです。たとえば月経前症候群によって悪化するADHDの症状は以下のようなものです。

・集中力が悪くなる
・注意力が悪くなる
・忘れやすくなる、
・衝動的な行動が増える

など

また気分のムラや、うつ状態、途方に暮れる感覚、不安などを経験します。月経前症候群が特にADHDの人に対して問題が大きいのは、ドーパミンと関係するからです。ADHDの人の脳のドーパミンが少ないのは知られています。しかしドーパミンはエストロゲンとプロゲステロンの値でその量が変化するそうです。そしてこれが月経前症候群がADHDの症状を悪化させる原因です。

月経周期の最初の14日間はすべてが問題ありません。エストロゲンの値は高く、プロゲステロンの値は低いからです。しかし次の14日間のサイクルで、トラブルが始まります。エストロゲンの値は低く、プロゲステロンの値は高くなるからです。そしてプロゲステロンの値が高いとドーパミンの量が減るのです。

月経前症候群の症状を減らす方法がいくつかるので、それを紹介します。

スポンサーリンク

「ライフスタイルを変える」

ドーパミンの量を増やす

運動をして睡眠を十分にとる。食事は自然食品を食べる。オメガ3脂肪酸を摂取することも大切です。

カフェイン、アルコール、砂糖、塩分の多い食事は控える

これらは月経前症候群を悪化させることで知られています。

ビタミンのサプリメントを摂取する

月経前症候群では、よくビタミンが足りなくなります。

ストレスを減らす

ストレスはADHDと月経前症候群の両方の症状を悪化させます。

月経前症候群のサイクルを把握する

アプリなどを使用してパターンを知ることで、コントロールをしやすくなりますし、医者にも相談しやすくなります。

「薬を変える」

月経前症候群の症状がひどい場合は、医者に相談してみることも大切です。また以下の薬も助けになります。

・ホルモンバランスを安定化させるために経口避妊薬を摂取する
・第二段階のサイクルの間はADHDの薬を多めにする。
・うつ状態になったら抗うつ薬を試す。

参考サイト:ADHD and PMS

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ