ADHDはインターネット依存症やスマホのやり過ぎが原因?

以下の記事によると、世界の研究者の中には、ADHDの原因が、インターネットやスマホのやり過ぎだと考えている人たちがいるようです。

ただし注意が必要なのは、両者に直接的な因果関係があることはまだ立証されてはいません。ただしこの両者には「何らかの関係がある」可能性が高いと考えられているようです。

Symptoms of internet addiction have been found to closely parallel those of ADHD.
スポンサーリンク

インターネットやスマホの普及とADHDの人の増加は重なっている?

ADHDの人の増加と、インターネットやスマホの普及がほぼ重なり合っていることが、そう考える理由の一つのようです。

確かにインターネットやスマホはここ最近で急速に普及してきましたが、同じようにADHDの人もここ最近になって急速に増加しているように思えます。

調査によると、アメリカの子どもは一日7時間半以上スマートフォンなどを利用してインターネットを見ているそうです。

また、インターネット依存症の人の症状と、ADHDの人の症状が類似していることも指摘されています。インターネット依存が、何らかの行動障害を引き起こす可能性があるのかもしれません。

ADHDの人はインターネット依存症になりやすい?

さらにADHDの子どもと大人は、インターネット依存症になりやすいと言われています。ADHDの人はインターネットの使用をなかなか抑制することができないことが原因のようです。

ADHDの人は依存症になりやすいと言われているので、ADHDの症状が関係しているのかもしれません。

研究者は、インターネットやスマートフォンの使用は一般の人々にためにならないとし、その危険性を認識することが重要だと指摘します。

インターネット依存症は、他の依存症と同じ治療法、たとえば認知行動療法などで治療が行えるそうです。もしインターネット依存症だと思う人は、一度治療を考えてみても良いかもしれません。

ただしADHDとインターネットやスマホの関係ですが、上に書いたように、まだ因果関係が実証されているわけではありませんので、慎重に考えたほうが良いとは思います。

参考サイト:A resource turned sour, internet addiction linked to ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ