ADHDの人は勉強はできるけど仕事はできない?ADHDと診断された公務員の女性

対人苦手リンク

ADHDの人の中には、勉強はできるけど仕事はできないという人がいるようです。

学生時代は優秀だったが、就職活動や社会人になってつまづくという人です。その時に初めてADHDと診断されることも多いようです。

以下の記事でも、有名大学を卒業後公務員となったADHDの女性が紹介されています。この女性もおそらく学生時代は優秀だったのでしょうが、社会人になってつまづいたパターンなのだと思います。

小さい頃から片付けが苦手で、通知表には必ず「お片付けを頑張りましょう」と書かれていたという三浦さん。「先生から毎日のように『片付けなさい』と怒られていて忘れ物も多く、典型的なダメな子でした。机の引き…

とにかく仕事ができない。仕事を覚えるのに人一倍時間がかかった。マルチタスクも得意でない。お客さんから受け取るべき書類を忘れて謝罪をし、後日郵送で送ってもらうようなミスもあった。仕事の段取りを組むことが苦手で仕事が終わらない。結果、残業をすることになる。それでも納期を守れず、上司に怒られたこともあった。

ADHDの人は動作性IQが低いのが特徴のようです。動作性IQは物事を順序立てて行ったり、間違い探しを行う動作のことを指すようです。

この女性も動作性のIQは80しかなく、語彙のIQとの乖離が20もあったそうです。

「作業する能力と語彙の能力でIQ(知能指数)の乖離が15以上あると発達障害と言われている」そうです。

おそらく、勉強の能力は語彙の能力、仕事を処理する能力は動作性のIQになるのだと思います。

間違い探しや作業の順序立てを行う動作がとても遅く、動作だけのIQは80しかありませんでした。片付けられない原因の一つが、間違い探しができないよう、散らかっていることが目に入らないからだとわかりました

勉強はできるけど仕事はできないというパターンの人ですね。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

薬(コンサータ)で改善

この女性はADHDの治療薬(コンサータ)を服用したところ、症状が改善したそうです。やはり薬は大切ということでしょうか・・・。

これを飲んで初めて、片付けができるようになりました。これはここにしまうもの、これはいらないから捨てていいもの、という常人がやっている判断を25歳にしてやっとできたんです。『みんなはこれを普通のこととしてやっていたのか!』と衝撃を受けました。

一般の人でもわかるように例えるなら、近視のために初めてメガネをかけて、視界がクリアになった感覚です。

「視界がクリアになった感覚」というのはわかりやすいですね。

薬は副作用もあるようですが、今のところADHDの改善には一番効果が期待できるものなのかもしれません。

また、この女性の職場の人も理解があるようです。女性がミスを繰り返してもあまり怒るようなことはないようです。

職場によっては何度も叱られたり、いじめのようなことをされたり、クビになるということもありそうです。それで職を転々としている人もいると思います。

もしかしたら、公務員という職業もミスが比較的許される可能性がありそうです。

参考記事:29歳、有名私大卒の彼女がADHDで抱える苦悩

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ