ADHDの人は友だちがいない?ADHDの人に友だちがいない6つの理由

膝を抱える女性

ADHDの人は友だちが少なかったり、全くいないことも珍しくありません。

なぜADHDの人は友だちがいないのでしょうか。その理由をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.友情を重要だと思っていない

そもそも、ADHDの人は友情をあまり重要と思っていません。

または、友だちを大事にする姿勢を常に見せないため、相手に「この関係はなんだろう・・・」と思わせてしまいます。

2.退屈する

一部のADHDの人は友情を大事にします。

しかし、友だちに退屈してしまうことがよくあり、少し休みを取りたくなります。

そのため、常に友人と連絡を取り合うことがなくなってしまうのです。

3.友だちよりも自分の好きなことを優先する

ADHDの人は友だちよりも自分の興味関心のあることを優先します。

たとえば、友だちと映画に行くよりも、家で新しいゲームをするほうを優先してしまうのです。

4.気まぐれ

ADHDの人は気まぐれです。

ある時は友だちと一緒にいたいと思いますが、その後は数か月間友だちと会いたくないと思います。

このような気まぐれな行動は、友情を壊します。

相手は、ADHDの人がほかにやることのないときだけ連絡をとってくると思ってしまいます。

5.記憶力が悪い

ADHDの人は記憶力が悪いため、友だちの重要な話を忘れてしまいます。

親友の子どもの名前を忘れたり、友だちに子どもが生まれる予定を忘れます。

友だちの重要な話を忘れると、友情にひびが入ります。

6.友だちの重要な話を避ける

ADHDの人は記憶力が悪いため、友だちの重要な話を避けます。もし忘れると関係が悪くなるからです。

しかし、友だちの重要な話を避けていると、友だちは自分に興味がないと思ってしまい、友情が壊れてしまいます。

参考記事:Reasons Why It’s Tough to Keep Friends When You Have ADHD 


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました