ADHDの人が理解してほしい7つのこと

ADHDの人が周りの人に理解してもらいたいことは何でしょうか?

そこで、実際のADHDの人の声を参考に、理解してもらいたいことをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.「ADHDが「現実」であることを信じてほしい」

ADHDは生まれつき脳に何らかの機能異常があると考えられています。

そのため、ADHDは他の体の部分の機能異常とそれほど違わない(たとえば、インスリンの不足が糖尿病につながるなど)ことを理解してほしいです。

2.「批判的な態度をとらないでほしい」

家ではパートナーがなかなか理解してくれない、仕事でも能力不足が原因で無視や誤解されたりするので、批判的な態度をとらないでほしいです。

3.「「ときどきADHDになる」などと言わないでほしい」

このようなコメントは、ADHDの人の毎日の苦労を軽視してしまいます。

4.「もっと許してほしい」

5.「ADHDの症状はいずれなくなるだろう」

「ADHDの症状はいずれなくなるだろう、年をとったら良くなるよ」などと言わないでほしいです。

6.「見た目でわからない障害のほうが対処が難しい場合も」

見てわかるような障害よりも、見た目ではわからない障害に対処するほうが難しい場合があります。そのことを理解してほしいです。

7.「ADHDは製薬会社の陰謀」

「ADHDは存在しない、製薬会社の陰謀だ」などと言わないでほしいです。

参考記事:“I Wish Non-ADHDers Would…”

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました