ADHDの恋人との付き合い方は?

ADHDの症状は、恋人関係に大きな影響を与えます。

調査によると、ADHDの人の離婚率は普通の人の約2倍になります。ADHDの恋人ととの関係は機能不全になりやすいのです。

しかしADHDの恋人との付き合い方がわかれば、関係が壊れることはありません。

そこで、ADHDの恋人との付き合い方のヒントを紹介します。

スポンサーリンク

ADHDの人の関係が壊れやすい理由

1.相手や自分がADHDだと知らない

相手がADHDだと知らない、または自分自身がADHDだと気がついていない人が多いです。

そのため、ADHDの症状が相手の誤解を生み、関係を壊してしまうことがよくあります。

2.ADHDの症状に否定的な反応を示す

ADHDの症状それ自体はトラブルの原因とはなりませんが、その症状に対する反応がトラブルの原因となります。

たとえば、ADHDの人は注意が散漫になることがあり、恋人に対して気を使わないことがよくあります。

しかし、それで恋人の方は自分が無視されたような気持ちになり、怒りや不満を表してしまうのです。

そしてさらに、ADHDの人はそれに怒ってしまうのです。

3.親子のような関係になる

ADHDの症状のケアを十分にすることで、ADHDの症状を改善できます。そのため、ADHDの人の恋人は世話をよくするようになります。

しかし、恋人がADHDの人の責任を負えば負うほど、ストレスが貯まり、イライラが募ってきます。

そして恋人はまるでADHDの人の親の役割を担うようになり、ADHDの人はその子どものような関係になってしまうのです。

解決策

1. ADHDについて勉強する

もし恋人の注意不足や愛情不足の原因がADHDだと知れば、これまでとは異なったやり方で対処ができます。

ADHDの症状を勉強をすることで、問題解決への道が開き、症状の対処やコントロールをする方法がわかるようになるのです。

2.最適な対処の方法を探す

ADHDの対処の方法は3つあります。

一つ目は、身体を変化させることです。脳の化学物質のバランスを調整します。

2つ目は、行動を変化させたり、新しい習慣を作ることです。

三つ目は、恋人と交流することです。たとえば、スケジュールを合わせて、一緒の時間を作りましょう。

3.お互いが責任を共有する

どちらがADHDなのかに関係なく、両方がお互いの関係の責任を持つと考えましょう。関係が親子のようなものにならないためにも、ADHDではない恋人は、責任のすべてを抱えるのではなく、一部を相手に譲ったほうがいいでしょう。

4. 「仕組み」を作る

外側の仕組み」を作ることは、ADHDの症状をカバーできるので、重要です。

たとえば、スケジュールをいくつかの段階に分けて、携帯電話で定期的にリマインダ―が出るようにすると効果的です。

5.一緒になる時間を作る

カップルは、お互いが良好なつながりをどのように作ることができるのかを考えたほうがいいでしょう。

週末のデートや、お互いに関心のある話題について話をしたり(論理的に話すのではなく)がおすすめです。

6.共感する

相手の立場に立ちましょう。

もし非ADHDであれば、ADHDの症状を抱えて毎日を過ごすのがどんなに難しいかを認めましょう。

ADHDであれば、ADHDの症状がパートナーの生活をどんなに大きく変えてしまうかを理解しましょう。

7.関係のプラスの部分を思い出す

2人の関係から得られるポジティブな面を思い出すことが、前に進むための重要なステップです。

たとえば、週末の朝は、毎回パートナーがコーヒーを作ってくれるかもしれません。朝機嫌が悪くても、パートナーは寛容でいてくれます。このようなポジティブな面を思い出しましょう。

8. もっと頑張るのではなく、違ったやり方を試してみる

カップルが関係を改善しようと頑張ってもうまくいかないとき、がっかりしてしまいます。

もっと頑張ろうとすると、お互い怒りを感じ、絶望してしまいます。そんな時は、違ったやり方を試してみるのがおすすめです。

ADHDの人に優しいやり方を試してみたり、相手の視点に立ってみることが大切です。

参考記事:ADHD’s Impact on Relationships: 10 Tips to Help

タイトルとURLをコピーしました