厚生労働省が発達障害を診断できる医師を養成へ

厚生労働省が、発達障害を診断できる医師の養成を決めたそうです。

これは、発達障害の早期診断を目的としているようです。

他人とのコミュニケーションがうまく取れないといった発達障害について、早期に診断する体制を広げようと、厚生労働省は地域のかかりつけ医などが研修で専門的な知識を学び、診断を担えるようにする取り組みを全国で実施していくことになりました。

スポンサーリンク

予約から最初の診断まで平均で3か月以上かかる?

調査によると、発達障害の初診は、平均で3カ月以上かかるそうです。

確かに、発達障害で病院に行った人ならわかると思いますが、初診の予約が数カ月先や、予約ができないこともよくあります。特に、発達障害で有名な病院だとそうです。

しかし、これではかなり遅いですよね。多くの人は、すぐに診断を受けたいと思うでしょう。

そして、その理由の1つが、発達障害の専門的な知識を持つ医師が不足しているためなのです。

総務省がおととし全国27の医療機関を対象に初診の予約を受けてから実際に診察を行うまでの期間を尋ねたところ、平均で3か月以上と答えた医療機関が半数を占めたということです。

発達障害は最近になって大きく注目され始めた障害なので、それに対応できる医師の数がまだ追い付いていないのかもしれませんね。

また、アメリカでは医師とは別にADHDの人の相談や支援をする「ADHAコーチ」と呼ばれる人たちが多数いるようです。日本でもこのような人たちが必要となってくるのかもしれません。

参考記事:発達障害の早期診断 体制拡充へ診断できる医師養成

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました