食べ物一覧

スポンサーリンク
対人関係728

グルテンフリーがおすすめ?ADHDの人におすすめの料理のレシピとは

ADHDの人の中には、「料理」をすることが苦手な人が多いようです。そのため、ADHDの人の中には、よく外食をしたり、配達をしてもらう人も多いようです。しかし、家で料理を作ることは、健康に良く、ADHDの症状を改善することができます。そこでADHDの専門家による、ADHDの人向けの料理のヒントを紹介します。

NO IMAGE

ADHDの症状を改善する「オメガ3脂肪酸」、大腸がんにも効果的

「オメガ3脂肪酸」は、ADHDの症状を改善することで有名です。ADHDの専門家の多くが「オメガ3脂肪酸」を摂取することを勧めています。「オメガ3脂肪酸」は、マグロやサケなどの脂肪が多い魚に含まれている成分です。 この「オメガ3脂肪酸」ですが、ADHDの人だけでなく、大腸がんの患者にも効果があることがわかったそうです。

腸内の微生物(プロバイオティクス)がメンタルを改善する!?

最近の研究で、腸内の微生物(プロバイオティクス)がメンタルヘルスに良い効果を与える可能性があることが明らかになっています。 お腹の調子と気分の調子が関係するというのは少し意外にも思えます。しかしいつも気分が優れないという人は一度腸を整えることを考えてみてもいいかもしれませんね。

うつ病予防にはコーヒーをたくさん飲むと良い!?

コーヒーを飲むのが大好きな人には朗報です。なんとうつ病には「コーヒー」が効果的だそうです。アメリカのハーバード公衆衛生大学院の調査によると、1日4杯コーヒーを飲むと、うつ病のリスクが下がるそうです。最近うつ気味だと思う人は、コーヒーをたくさん飲んでみてはどうでしょうか。

砂糖はADHDを悪化させる?ADHDと砂糖の関係とは

砂糖好きのADHDの人は注意が必要です。砂糖はADHDの症状に悪い影響をもたらします。 砂糖は人の脳の働きに影響を与え、その結果「多動症」や「物忘れ」「疲労感」「うつ状態」などの原因になるからです。 一般的に人は「炭水化物」を摂ると、「炭水化物」は体内で「ブドウ糖(グルコース)」(砂糖の一種)に変わります。

ADHDと食べ物

ADHDの治療法として、「食べ物」に注目が集まっています。 研究によると、「高タンパク」「低糖」「無添加の食事」と、「フィッシュオイル」「亜鉛」などのサプリメントを組み合わせることで、ADHDの大人と子供の症状は劇的に改善するそうです。しかも薬と違って、副作用はありません。

コーヒーはADHDの症状を改善する?

コーヒーを飲むと脳がすっきりする感覚はありませんか?これはコーヒーに含まれるカフェインによる効果なのですが、このすっきりする、目が覚める感覚は、ADHDの症状にも効果があるのでしょうか? そこでコーヒーとADHDの関係についての記事を紹介します。

ADHDの子どもが食べたほうが良い15の食べ物

最近、アメリカではADHDの症状を改善させる方法として多くの親や医者が食べ物に気をつけるようになっているそうです。 毎日の食事に気をつけるだけでもADHDの様々な症状に大きな影響があるそうです。 *注意が必要なのは、子供によってはアレルギーのある食べ物もあります。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2