睡眠障害/不眠症一覧

スポンサーリンク
対人関係728

たくさん眠るとADHDの症状が改善される?研究で明らかに

アメリカの研究によると、ADHD(10代)の人は、睡眠をたくさんとると症状が改善することがわかりました。研究では、ADHDの若者を対象に、一週間で6時間半の睡眠をとるグループと、9時間半の睡眠をとるグループの2つにわけました。そして、2つのグループのワーキングメモリー、整理・計画能力、感情コントロールなどの「実行機能」を評価しました。その結果、9時間半の睡眠をとったグループのほうが、評価が高いことがわかったそうです。

ADHDは睡眠障害の一種?研究で明らかに

ADHDの人は睡眠障害になりやすいとよく言われます。 実際、最近の研究によると、ADHDの人は夜間のメラトニンの上昇が遅れるために就寝時間が遅くなり、結果的に睡眠時間が短くなってしまうそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2