有名人一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

おかもとまりさんの夫naoさんは(軽度の)発達障害だった

ものまねタレントのおかもとまりさんが、自身のブログで夫naoさんの発達障害についての記事をアップしたそうです。夫naoさんは軽い発達障害で、旅行先でお店の場所を間違えてしまったりしたそうです。おかもとさんも、言葉では伝わらないと画像を送ったりもしていたようですが、それでもうまくいかなかったようです。

NO IMAGE

元祖大食い女王の息子は発達障害。シングルマザーで育てる

また、菅原さん自身も発達障害の傾向があると診断されたようです。 発達障害は遺伝性のある障害と言われているので、子どもが発達障害だと、その親も発達障害である可能性は高いのかもしれません。息子さんも大食いだそうです。 加えて、ADHDの人は過食傾向になる人が多いと言われます。

NO IMAGE

トランプ大統領はADHD?複数の専門家が指摘

アメリカのトランプ大統領はADHDの可能性があると、複数の専門家が指摘しているそうです。 トランプ氏の(あまり考えずていないように見える)衝動的で落ち着きのない行動などその理由のようです。 確かにトランプ氏はルールにとらわれない型破りの行動や、数々の内外のスキャンダルなど、話題にはことかきません。

NO IMAGE

アスペルガー症候群と診断されたスーザンボイルがいじめの対象に?

スーザンボイルさんは、イギリスのオーディション番組で美しい歌声を披露し、一挙に有名になった歌手です。また、スーザンさんは小さいころから学習障害に苦しみ、12年にはアスペルガー症候群と診断されたそうです。そんなスーザンさんですが、最近なんと地元の町でいじめを受けているそうです・・・。

NO IMAGE

栗原類さんのお母さんも発達障害と診断されていた

栗原類さんは発達障害であることを公表し、発達障害に関する本も出しています。 そんな栗原さんですが、実はお母さんも発達障害と診断されていたそうです。発達障害は遺伝とよく言われるので、確かにそうなのかもしれません。ただし類さんとお母さんとでは性格などが正反対だそうです。

NO IMAGE

「できる子より、好かれる子。」栗原類さんの本から学ぶ発達障害の子どもの目標とは?

栗原類さんと言えば、高身長のイケメンモデルであり、またテレビのバラエティ番組でも活躍しています。最近発達障害に関する本を書いたことでも話題になりました。そんな本、『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』についての、ノンフィクションライター最相葉月さんの書評が興味深かったので紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2