ADHDの診断を受けた子どもの70%はADHDではなく睡眠障害?

眠る女性

最近の研究で、ADHDの診断を受けた子どもの70%は、ADHDではなく睡眠障害の可能性があることがわかりました。

Up To 70% Of Kids With ADHD Could Actually Have A Misdiagnosed Sleep Disorder
A new study is linking kids who have been diagnosed with ADHD and the possibility they actually have an undiagnosed sleep disorder.

研究によると、睡眠時の呼吸障害である「中枢性睡眠時無呼吸(Central Sleep Apnea)」が、ADHDと誤診される可能性があります。

スポンサーリンク

睡眠障害の症状がADHDの症状と似ている

子どもの睡眠不足は、ADHDの症状と似た行動(じっと座って集中できないなど)を引き起こすので、ADHDと間違われやすいのです。

数か月後には症状を見せなくなる

アメリカ国立衛生研究所(NIH)が実施した研究によると、ADHDと診断された子どものうち睡眠障害を持つ子どもは、6か月後にはADHDの症状を見せなくなりました

これは、もともとADHDではなかったからだと考えられます。

このため、子どものADHDを疑う親は、まず子どもの睡眠の状態を疑ったほうが良いかもしれません。

参考記事:Up To 70% Of Kids With ADHD Could Actually Have A Misdiagnosed Sleep Disorder


最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本 (発達障害を考える心をつなぐ)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました