対人関係苦手な人はUber Eats (ウーバーイーツ)の配達員の仕事がおすすめ

Uber Eatsの配達員の仕事が最近話題です。

このUber Eatsの仕事ですが、対人関係の苦手な人におすすめだと思います。

なぜなら、配達するだけの仕事なので、人と接することがほとんどないからです。しかも、登録一つで仕事が始められ、面接もありません。

スポンサーリンク

具体的な仕事の内容

まず、オンラインで登録をし、それから登録会に参加します。オンライン登録は以下からできます。

Sign up to drive with Uber
Sign up to drive with Uber

面接などはなく、専用のバッグとスマホ、自転車やバイクがあればすぐに始められます。

配達の案件は専用のアプリに通知されます。

お店で商品を受け取り、それをお客さんの家まで配達します。終了したら報酬が受け取れるという仕組みです。

「Uber Eats配達員のメリット」

人と接しない、面接もない

最初に書いたように、人と接することが少ないです。

人と接するのは、商品を受け取るときと家に届けるときだけです。しかも、ほとんど会話は必要ないです。

また、面接もありませんので、仕事のブランクが長い人や、家に長く引きこもっている人なども始めやすいかもしれません。

働く時間が自由

働く時間も自由なので、決まった時間に働くことや、長時間働くのが不安という人にもおすすめです。

適度な運動になる

疲れない程度の、適度な運動にもなるのもメリットです。

「Uber Eats配達員のデメリット」

収入が不安定

案件の数で収入が決まるので、案件が少ないと収入が減ります。

地方は仕事がない

配達に対応しているレストランは、大都市が多いです。

そのため、大都市に行かないと仕事ができません。

中には大都市まで遠征する人もいます。

十分な補償がない

配達員はフリーランス(個人事業主)扱いです。

そのため、会社員と違い十分な補償が受けられません。

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

未分類
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました