ADHDとASDの併発を早期に診断する技術が開発される

ADHDと診断された人の中には、ASD(自閉症)の診断を受ける人も多いです。ADHDとASDが併発しているということですね。私も以前病院でADHDとASDの併発と診断を受けたことがあります。

今回、この併発が早期に診断できるという技術が開発されたそうです。

日立製作所らは、注意欠如・多動症患者が自閉スペクトラム症を併発しているかどうかを早期診断する基礎技術を開発した。数カ月要していたASD併発の診断が2時間程度実施でき、治療や療育方針の早期決定が可能になるため、患者らの負担を軽減する。

日立製作所は2019年2月8日、注意欠如・多動症(ADHD)患者が自閉スペクトラム症(ASD)を併発しているかどうかを早期診断するための基礎技術を開発したと発表した。同社と自治医科大学、国際医療福祉大学、中央大学との共同研究による成果だ。

この技術により、従来は数か月かかる診断が2週間でできるようになるそうです。

同技術により、これまで数カ月かかっていたASD併発の診断が、2時間程度でできる可能性がある。

また、これは機械で行うため、より客観的な診断も可能になります。これにより、医者によって診断が異なるという事態が少なくなるかもしれません。

客観的な指標を診断に加えることで、治療や療育方針を早期に決定できるようになるため、患者や家族の負担を軽減することが期待される。

つまり、ADHDとASDの併発が、より早期に・客観的に診断できるようになるということですね。

特に、すぐに診断結果が欲しいという人も多いと思いますから、この技術は非常に素晴らしいと思いました。今後の実用化が楽しみです。

参考記事:数カ月の診断を2週間で、光トポグラフィーでADHDと自閉症の併発を見極め

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2