自閉症スペクトラムの人に向いている仕事は?

対人苦手リンク

自閉症スペクトラムの人に向いている仕事を紹介します。

自閉症スペクトラムの人は、仕事に苦労する人も少なくないでしょう。特性を理解することが大切です。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「動物関係の仕事」

自閉症の子どもは動物と一緒にいると落ち着くことが多いそうです。

そのため、自閉症の人は動物を扱う仕事に就くとよいです。

2.「コンピュータプログラミング」

世界中で成功しているプログラマーの多くは、自閉症と診断されているそうです。

自閉症の人にプログラミングの仕事が向いている理由は、人とのコミュニケーションがあまり必要とされないからです。基本的に、1人でコンピュータに向かう仕事だからです。

ただし、数学についての深い知識と、複雑なシステムを理解するスキルが必要とされます。

3.「科学関係の仕事」

自閉症の人は、厳密な手順に従い細かく物事を考えることができます。このタイプの人は、科学に関連する多くの分野に向いています。科学者、研究技師、研究者または研究助手などに向いています。

4.「テクニカル・ライターや統計の専門家」

自閉症の人は、自分の考えを反映させずに事実だけを述べます。また、 細部へのこだわりが徹底しています。

そのため、テクニカル・ライターや統計の専門家などの仕事に向いています。

5.「製造業」

反復的な動きと秩序のある環境が好きな自閉症の人は、製造業の仕事に幸せを感じるかもしれません。組立ラインでの作業は繰り返しの作業が多いので、向いているでしょう。

また、車やコンピュータなどを再度作り直す作業を楽しむ人もいるかもしれません。

以上です。おそらく、理系の人はプログラミングや科学関係の仕事に向いているのかもしれません。また、文系の人は動物関係や製造業、テクニカル・ライターの仕事に向いているのかもしれません。

ただし、プログラミングは理系文系関係なくできる仕事かもしれません。しかし、数学の理解などのスキルが必要とされると思います。

自身の適性や好みをよく考えたうえで、これらの仕事を考えるとよいでしょう。

参考記事:5 Good Career Choices for People With Autism Spectrum Disorder

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ