発達障害の人に向いている働き方はフリーのエンジニア?転職を繰り返した38歳の人の例

対人苦手リンク

転職を繰り返す発達障害者の人は多いと思います。おそらく、人間関係がうまくいかなかったり、遅刻を繰り返したり、ミスが多かったりなどがその理由だと思います。

発達障害の人は、一般的な会社での働き方にあまり向いていないのかもしれません。

それでは、どのような働き方が向いているのでしょうか。

以下の記事にそのヒントが書かれています。記事では、転職を繰り返したという、38歳の発達障害の人の例が紹介されています。

発達障害の症状によって職場を去ることになった人もいる。「長く精神科に通っていたのですが、去年ようやくADHDの診断をもらいました」と話す加納孝之さん(仮名・38歳)が発達障害を自覚し始めたのは、大学生時代だった。「完全に孤立していて、よく教授とご飯を食べていた」という大学生活を終えた後、6社も転職することになったという...

「僕は昔からひどい多動症で、長時間じっとイスに座っていられないんです。会社からは『(定時の)月160時間は仕事をしてくれ』と言われ、いなきゃダメだと思いつつもガマンできず『やることがないからもう帰ろう』と。人間相手なら理不尽にも耐えられるんですけど、社会的なルールに対してはなぜかガマンができない。そんなだから同僚からの評判も最悪で、結局、半年で辞めてしまいました」

参考記事:発達障害で6社も転職した38歳、最終的に行き着いた働き方とは?

興味深いのは、この人は最終的にフリーのエンジニアになったそうです。

現在はフリーのエンジニアとして生計を立てている。今の状況は加納さんにとってどうなのか?

「フリーだと自分がダメなら相手が切るし、そうじゃないときは継続する。ハッキリしていて楽です。もちろん、収入は不安定ですが」

組織以外でも仕事ができるプログラミングというスキルを会社員時代に培えたことが、彼にとって唯一の救いだったのかもしれない。

参考記事:発達障害で6社も転職した38歳、最終的に行き着いた働き方とは?

フリーのエンジニアという働き方はこの人に合っているようですね。

以前から、発達障害の人はプログラミングに向いているとよく言われます。この38歳の男性の例も、まさにそのことをよく示していると思いました。

また、発達障害の人は組織で働くよりもフリーで働くほうが良いのかもしれません。もちろん、フリーもリスクがあったり、誰にでもできるものではありませんが。

重要なのは、組織から外れても役に立つスキルだと思います。特に、組織からドロップアウトしやすい発達障害の人にとっては生き延びるための手段としてとても大切なのかもしれません。そして、プログラミングはまさにその例だと思います。

また、エンジニアは人手不足だと言われますので、未経験でも入りやすい職種なのかもしれません。

現在転職を繰り返している発達障害の人は、一度プログラミングを勉強してみても良いかもしれません。

エンジニアの勉強は、「インフラエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)」(インフラエンジニア・30歳まで)や「3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】」などがおすすめです。

中には、フリーランスになるための支援を行っている学校もあるようです。興味のある人は一度無料の説明会などに参加しても良いかもしれません。

参考記事:発達障害で6社も転職した38歳、最終的に行き着いた働き方とは?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2