毎晩6時間以上寝ないと徹夜と同じ!?睡眠時間の大切さを示す研究結果が明らかに

眠る女性

あなたは毎日何時間寝ていますか?

もし6時間以上寝ていない場合、それはまったく寝ていないことと同じかもしれません。

アメリカペンシルバニア医科大学の研究によると、毎晩6時間しか寝ていない人の認知能力は、徹夜状態の人と同じということが明らかになりました。

つまり、睡眠を6時間以上とらないと、疲れが取れず、寝る意味があまりないということです。

あなたが毎晩6時間しか寝ていないというなら、2日間にわたって一睡もしていない、完徹状態の人と同程度まで認知能力が下がっているかもしれません。

これはペンシルベニア医科大学の研究チームが行った睡眠に関する研究で明らかになったものです。研究では、成人48名(21~38歳)を対象に、2週間の実験期間中、それぞれ1日の睡眠時間を4、6、8時間までに限定しました。

つまり毎日6時間程度の睡眠では、丸2日徹夜しているのと同じくらい悪い影響があるということになります。1日4時間睡眠のグループも同様に成績が悪化しましたが、より早い時期に底を打ちました。

ちなみに日本人の平日の平均睡眠時間は「7時間14分」(2010)です。

さらに40~50代になると6時間台になります。これは調査が開始された10年前と比べると、1時間ほど短くなっているそうです。

また世界18の国と比べると、日本人の睡眠時間は2番目に短いそうです。

もし6時間寝ても徹夜したのと同じであれば、次の日の仕事にも大きな影響が出ますよね。できれば最低7時間は寝たいものです。

また長生きの一番の秘訣は「睡眠」という人もいます。あの漫画家の水木しげるさんは睡眠が大好きで、生前睡眠の重要性を話していたそうです。

仕事や生活をがんばるためにも、また長生きのためにも、睡眠は大切にしたいです。

参考記事:研究結果:毎晩6時間寝ても疲労度は徹夜と変わらない? /[睡眠の重要性]眠らない日本人。理想は、7時間?8時間?

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました