専門家が勧める、発達障害の人に向いている職場環境と仕事とは?

会社

発達障害者の人に向いている職場環境や仕事はとても重要なテーマです。

本やネットなどでも様々な情報がありますよね。

以下の記事では、発達障害の専門家(医師、看護師)の人がすすめる、発達障害の人に向いている職場環境と仕事が紹介されています。

発達障害の方は、複数の業務を同時にこなさなくてよい仕事、人との交渉がない仕事が向いています。自分の興味がある分野や自分のペースで進められる仕事を探していきましょう。

『比較的続きやすい仕事の特徴としては、複数の業務を同時にこなさなくてよいことと、人との交渉がない仕事が向いています。自分のペースでできる仕事としては、カメラマンや記者、一つのものをコツコツ作るような仕事も向いています。もし、自分が興味を持っていることがあれば、それを自分のペースで進められるような仕事がないか探してみましょう。(医師)』

『発達障害の症状の程度によりますが、梱包作業やお弁当の盛り付け、商品のチェックなど、単調な作業を繰り返す仕事はいかがでしょうか。また、発達障害の方は誰にも負けない能力があったりします。記憶力が優れている、絵の才能がある、コツコツと真面目に仕事ができるなど、自分の能力や好きなことを活かせる仕事はないでしょうか。パソコンが使えるのでしたら、自宅で好きな時間にできるパソコンを使った仕事もたくさんあります。(看護師)』

記事の内容をまとめると、発達障害の人に向いている職場環境や仕事の特徴は以下です。

  • 複数の業務を同時にこなさなくてよい
  • 人との交渉がない
  • 自分のペースで進められる
  • 単純な作業を繰り返す
  • 自分の能力や好きなことを活かせる

そして、具体的な仕事の例は以下です。

  • カメラマン、記者(自分のペースでできる仕事)
  • 梱包作業、お弁当の盛り付け、商品のチェック(単調な作業を繰り返す仕事)
  • パソコンを使った仕事(自分の能力や好きなことを活かせる仕事)

発達障害の人で仕事を探している人は、以上の特徴や仕事を参考にしてみてはいかがでしょうか。この特徴の中から自分に合うものを選ぶと良いと思います。


ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました