ADHDの症状の改善が期待できるビタミンとサプリメントとは?

ADHDの症状の改善が期待できる「ビタミン」や「サプリメント」を紹介します。

スポンサーリンク

1.「亜鉛(zinc)」

いくつかの研究によると、ADHDの子どもには亜鉛が不足しています。

ADHDの子どもの治療に亜鉛を取り入れたところ、ADHDの症状が改善したケースも報告されています。亜鉛はADHDの症状である「多動性」と「衝動性」を抑える働きが期待できます。

亜鉛はカキやその他の海産物などに豊富に含まれています。また、サプリメントからも摂取できます。


大塚製薬 ネイチャーメイド 亜鉛 60粒

2「フィッシュオイル、オメガ3脂肪酸」

数多くの研究でフィッシュオイルはADHDの症状を改善する効果が期待できることがわかっています。

フィッシュオイルにはオメガ3脂肪酸が含まれており、これがADHDの人に良い効果をもたらします。

たとえばオレゴン健康科学大学の研究では、子どもの食事にオメガ3脂肪酸を取り入れたところ、ADHDの症状の一つである「多動性」が低下することがわかりました。

ほかにもさまざまな効果が確認されています。

オメガ3脂肪酸は、サーモン、マグロなどの魚に豊富に含まれています。また、サプリメントでも摂取できます。


大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]


[海外直送品] ナウフーズ ウルトラ オメガ-3 (500EPA/250DHA) 180錠

3.ビタミンD

最新の研究で、ADHDの子どもは体内のビタミンDが少ないことがわかっています。

また、体内のビタミンDが少ない妊娠中の女性は、子どもがADHDになる可能性が高いという研究もあります。

ただし、ビタミンDを摂取したことでADHDの症状が改善したという研究はまだ確認されていないようです。


大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

医者と相談する

子どもにサプリメントを与える場合は、医者とよく相談しましょう。

参考記事:Vitamins and Supplements for ADHD / How does zinc help treat ADHD? / Omega 3s: The Ultimate (ADHD) Brain Food / 10 ADHD Supplements and Vitamins for Symptom Control

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました