ADHDの症状の改善が期待できるビタミンとサプリメントとは?

ADHDの症状の改善が期待できる「ビタミン」や「サプリメント」を紹介します。

1.「亜鉛(zinc)」

いくつかの研究によると、ADHDの子どもには亜鉛が不足しています。

ADHDの子どもの治療に亜鉛を取り入れたところ、ADHDの症状が改善したケースも報告されています。亜鉛はADHDの症状である「多動性」と「衝動性」を抑える働きが期待できます。

亜鉛はカキやその他の海産物などに豊富に含まれています。また、サプリメントからも摂取できます。


大塚製薬 ネイチャーメイド 亜鉛 60粒

2「フィッシュオイル、オメガ3脂肪酸」

数多くの研究でフィッシュオイルはADHDの症状を改善する効果が期待できることがわかっています。

フィッシュオイルにはオメガ3脂肪酸が含まれており、これがADHDの人に良い効果をもたらします。

たとえばオレゴン健康科学大学の研究では、子どもの食事にオメガ3脂肪酸を取り入れたところ、ADHDの症状の一つである「多動性」が低下することがわかりました。

ほかにもさまざまな効果が確認されています。

オメガ3脂肪酸は、サーモン、マグロなどの魚に豊富に含まれています。また、サプリメントでも摂取できます。


大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]


[海外直送品] ナウフーズ ウルトラ オメガ-3 (500EPA/250DHA) 180錠

3.ビタミンD

最新の研究で、ADHDの子どもは体内のビタミンDが少ないことがわかっています。

また、体内のビタミンDが少ない妊娠中の女性は、子どもがADHDになる可能性が高いという研究もあります。

ただし、ビタミンDを摂取したことでADHDの症状が改善したという研究はまだ確認されていないようです。


大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

医者と相談する

子どもにサプリメントを与える場合は、医者とよく相談しましょう。

参考記事:Vitamins and Supplements for ADHD / How does zinc help treat ADHD? / Omega 3s: The Ultimate (ADHD) Brain Food / 10 ADHD Supplements and Vitamins for Symptom Control

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2