ポケモンGOが「自閉症の少年」を救った!?母親が任天堂に感謝

「ポケモンGO」は今大人気のゲームですが、自閉症にも良い影響があるようです。

アメリカで、自閉症の少年の母親が、SNSで任天堂に感謝の言葉を書いたそうです。

自閉症の少年はポケモンGOをゲームすることで、自閉症の症状に改善が見られたそうです。

ポケモンGOで自閉症の少年に大きな変化「任天堂に感謝」 - ライブドアニュース
「ポケモンGO」が米国などを中心に、社会現象を巻き起こしているのが日本でも報じられ、配信を心待ちにしている方も多いだろう。スマホを持って出かけ、実際に街中でポケモンのキャラクターを探すゲームだそうだが、

母が綴る息子の変化はおよそ以下のとおり。

ママ友に勧められて息子に「ポケモンGO」をやらせてみて正解でした。本当に驚くことばかり!

ラルフィーはパン屋で初めてキャラクターを捕まえると大興奮。「次のを捕まえるんだ」と言って外に飛び出して行きました。

同じく「ポケモンGO」をやっている男の子と出会うと、お互いに情報交換。知らない子ときちんと話はしているし、ハイタッチまで交わしていたのです。

知り合いの女性から、公園にポケモンがたくさんいると聞けば、今まで夜の公園など行ったこともないのに、「今すぐ行きたい」と言い出す始末。

いつもの習慣を変えることなど決してなかったのに、あっさりしたものだなと驚きました。

この少年、普段は「非常にこだわりが強く、何事もいつも通りでないとパニックを起こすという。知らない人と話をしたり、目を合わせたりすることもないそうだ。」そうです。

しかしポケモンGOをゲームすることで、行動が新しく変わり、知らない人と話をすることができるようになったそうです。
素晴らしい変化ですね。

またポケモンGOは、もしかしたら発達障害(ADHDやアスペルガー)の人にも良い影響があるのかもしれません。

今後もポケモンGOに目が離せません。

参考記事:「任天堂ありがとう」自閉症の少年に対するポケモンGOの効果が奇跡的

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました