オフィスの大部屋が苦手な人はHSPかも?HSPの意外な特徴とは?

HSP(ハイリー・センシティブ・パースン)の人は、感受性がとても敏感です。一説には5人に1人がHSPだと言われています。

そこで、HSPの人の特徴をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

オフィスの仕切りのない大部屋が苦手

HSPの人はオフィスの仕切りのない大部屋が苦手です。

HSPの人は、隣の人との距離が近く、常に多くの人と一緒にいるという環境では集中して仕事ができません。そのため、HSPの人は自宅勤務や自営業を好む人が多いです。家だと働く環境を自分でコントロールできやすいからです。刺激の強いものは避けることができますね。

特に日本の職場は、仕切りのないオフィスオープン型の場合が多いです。欧米のドラマや映画を見ると、それぞれの机には仕切りがあり、個室のようになっていることが多いので、うらやましく思うことがあります。

1人でする運動が好き

HSPの人は1人でできる運動が好きです。

研究によると、HSPの人は自転車やランニング、ハイキングなど、1人でできる運動を好む人が多いです。

優柔不断、決定に時間がかかる

優柔不断、決定に時間がかかる人が多いです。

HSPの人は敏感なため、いろいろなことに気がつきやすく、結果的に決定に時間がかかるからです。

また、もし間違った決定をしたときは、人一倍動揺します。

まとめ

もしこれらの特徴が当てはまったら、HSPかもしれませんね。ちなみに私はすべて当てはまります。

参考記事:16 Habits Of Highly Sensitive People


繊細過ぎるあなたが平気で生きる方法: HSPの私を輝かせた自分と向き合う7つのワーク

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました