女優のアンバー・スミスさんがパニック障害に襲われている様子をSNSに投稿、話題に

女優のアンバー・スミスさんが、SNSに投稿した写真が話題です。

アンバー・スミスさんは女優である普段の自分の写真と、夜パニック障害に襲われている時の自分の写真を投稿し、パニック障害がどのようなものかを伝えようとしました。上の写真は、普段の写真、下はパニック障害に襲われている写真です。

最初の美しい写真と、パニックに襲われている様子の写真のギャップが凄いですね。実際にパニック障害を経験していない人からすると、どのようなものかわかりにくいですが、こうして視覚的に表現されるととても分かりやすいと思います。

またアンバー・スミスさんは多くの人にメンタルヘルスの問題への理解を訴えてもいます。この投稿に多くの人が共感のメッセージを寄せたそうです。

「多くの人たちがメンタルヘルスの問題についてほとんど知っていないし、批判的です。そのことに本当にがっかりさせられてきました。私は長年にわたって、不安障害やうつと闘っています。でも今でも『きっと乗り越えられるよ』とか、『薬なんか飲まなくていいのに。明るくしていればどうにかなるよ』『まだ若いのに、心の病になるなんて』と声をかけてくる人たちがいます」

参考記事:「これがパニック障害なの」女性は、たった2枚の写真で伝えた

まだ「うつ病は怠けだ」と言う人や、うつ病のひとに「頑張れ」と励ます人は少なくありません。この社会ではまだまだメンタルヘルスへの理解が足りてないのではないかと思うことがあります。

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました