【99%の正確性】脳の結合性をバイオマーカーにした機械学習でADHDの特定が可能に

機械学習により、99% の精度でADHDの診断が可能になるという研究結果が出ました。

これは、ニューヨーク・バッファロー大学による新しい研究で、脳の結合性(brain connectivity)をバイオマーカー(ある疾患の有無や、進行状態を示す目安となる生理学的指標のこと)にして、ADHDの診断を行うというものです。

また、この研究では機械学習の分類法(machine-learning classifiers)を使用し、子どものころにADHDの診断を受けた大人を識別しました。結果として、なんと99%の正確性で識別ができたそうです。

この研究が示唆していることは、脳の結合性がADHDの安定したバイオマーカーになるということです。

従来の診断方法では医者によって違いが出るので、正確性には疑問が残ることが多いです。しかし、この診断方法だと、ほぼ完ぺきな正確さで診断が可能になるので、画期的だと思われます。

また、脳の結合性をADHDの手がかりにする点も新しいようです。

via:Detecting ADHD with near perfect accuracy


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました