ADHDの人の脳は小さい?最新の研究で明らかに

最新の研究で、ADHDの人の脳はそうでない人に比べて(わずかに)小さいことがわかったそうです。オランダ・ラドバウド大学の研究です。

ADHD、脳の大きさにわずかな差 大規模研究で確認
【2月17日 AFP】注意欠如・多動性障害(ADHD)と診断された人の脳は、ない人に比べてわずかに小さいとする研究論文が16日、発表された。

注意欠如・多動性障害(ADHD)と診断された人の脳は、ない人に比べてわずかに小さいとする研究論文が16日、発表された。ADHDは身体的な疾患であり、単なる行動の問題ではないと論文は主張している。

今回の研究では、4歳から63歳までの被験者らにMRIスキャンを受けてもらい、その結果を分析。脳スキャンの画像から、脳全体および障害に関連すると考えられている7つの領域の大きさが測定された。その結果、ADHDと診断された人の脳では、全体そして5つの領域がより小さいことが確認された。

ADHDについては、いまだに「怠けているだけ」「親の教育が悪い」などと言われることも多いように思えます。しかし今回の研究結果は、わかりやすい形でADHDが身体的な疾患だということを示すものとなるように思われます。これで少しでもADHDの人に対する偏見がなくなると良いと思います。

また記事によると「薬が脳の変化に寄与していないことが示された」とあり、これはもしかしたら薬はADHDを改善するのに効果的ではないということなのかもしれません。(ただしこの点はまだよくわからないことが多そうですが)。今後の研究がさらに期待されます。

参考記事:ADHD、脳の大きさにわずかな差 大規模研究で確認


ハーバード式 大人のADHDパーフェクトガイド

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました