発達障害の子どもは偏食しやすい?

いわゆる定型発達の人でも偏食する人はいると思います。

しかし、以下の記事によると、発達障害に起因する偏食があるそうです。

特定の食材や食感を極端に嫌う…発達障害に伴う偏食って? (2017年11月6日) - エキサイトニュース
個人差はあるものの、どの子にも食べ物の好き嫌いはあるもの。その理由はさまざまだが、ひとつは子どもの味覚は発達途中のため、味に慣れていないことで、その食べ物を嫌うことがある。しかし、発達障害に起因してい...

「赤い色の食べ物は食べられない、フニャフニャの食感のものはダメ、などのこだわりが見られます。成長過程でみられるような、野菜の苦味などの味が原因によることだけでなく、発達障害児では、感覚過敏や、こだわりによることがあります。過敏さから、ふにゃふにゃな食感がダメだったり、赤い色のたべものは嫌いといった、見た目や、色といった視覚的なところでのこだわりであることも考えられます」

発達障害で偏食の子どもは見た目の色や食感などが気になるようですね・・・。

海外の記事でもADHDの子どもは偏食が多いことが指摘されています。

Got a Picky Eater on Your Hands? Here's How to Cope
Picky eating is common in children with ADHD — and as a parent, it's probably driving you crazy. Here, simple strategies (like serving breakfast for dinner!) to...

記事によると、デューク大学の研究者がADHDの子どもと偏食には高い相関があることを見つけたそうです。

偏食の子どもは感覚過敏であるとの指摘もあります。感覚過敏の子どもにとって、特定の味や匂い、見た目は、まるで「傷つけられる」ようにさえ感じるようです。

対策としては以下があるそうです。

発達障害の偏食対策は、苦手なものに慣れるための工夫をするのがいいと思います。例えば、ある特定の色が苦手な子に対しては、その色が見えないくらいに細かくすると食べてくれることもあります。

ただし、嫌がる子どもへの無理強いは禁物だそうです。

個人的には偏食でも問題ないかなと思いますがどうなんでしょうか・・・。もちろん、体の健康にとってはあまり良くないことかもしれませんが、無理強いするとよけいに苦手になるということもあるのではないかと思いました。

専門家に相談したりするのもよいかもしれませんね。

参考記事:特定の食材や食感を極端に嫌う…発達障害に伴う偏食って?

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました