IQの高いADHDの人は生き辛い?直面する困難は?

うつむく男性

ADHDの人の中には、IQの高い人も低い人もいます。

しかし、中でもIQの高いADHDの人は、特別な困難に直面することが多いです。

スポンサーリンク

IQの高いADHDの人が苦しむ理由

それでは、なぜIQの高いADHDの人は苦しみやすいのでしょうか。

それは、発達の遅れのためです。ADHDの人は、社会的/情緒的な部分が同年齢の人よりも3歳ほど遅れることが多いそうです。

そのため、高IQなのに社会生活をうまく遅れないというギャップに苦しむのです。そして、その結果自分を厳しく責めてしまいます。

IQの高いADHDの「女性」が特に苦しむ場合が多い

特にADHDの女性は、同年代の女性とのコミュニケーションが自尊心を高めます。

そのため、対人関係がうまくいかない場合、女性のほうが恥を感じたり、苦しむことが多いです。

IQが高いADHDの人は生きやすいと思う人も多いかもしれませんが、IQが高いゆえに直面する困難というものもあるようです。

就職活動でつまづく有名大学の学生などもそうかも?

これは東大など有名な大学に入った人が、就職活動でつまづき、発達障害と診断されるというパターンとも似ているのかなと思いました。こういう例は最近よく見かけます。

これも、勉強の能力と社会的/情緒的な能力とにギャップがあることが原因なのかもしれません。

参考記事:Can You Be “Too Smart” to Have ADHD?


ハーバード式 大人のADHDパーフェクトガイド

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました