初めてストラテラを飲んだ感想。効果は頭がすっきり?副作用は吐き気と強い眠気?

最近、私は病院でADHD(とASD)の診断を受けました。

そして、ストラテラを処方されました。

ストラテラはADHDの治療薬として有名です。ADHDと診断された人の多くはこの薬を服用するようです。

ただし、薬を飲むことに抵抗感がある人も少なくないでしょう。私もその一人です。

そこで、今回私がストラテラを服用してわかった効果や副作用を紹介します(個人により効果は異なります)。

スポンサーリンク

「頭がすっきり」

ストラテラを飲んでから1時間くらいしたら、頭がすっきりするようになりました。

私は普段から頭がもやもやすることが多かったのですが、それがなくなりました。

これにより、ADHDの人の特徴である、忘れっぽいや不注意などといった特徴の改善が期待できるのかもしれません。

「吐き気と強烈な眠気」

しかし、薬の効果と同時に副作用も現れました。

まずは、吐き気です。吐いてしまうほど強くはないのですが、気持ち悪い感じがしばらく続きます。人によっては吐き気が強くなる人もいるようです。

次に、強烈な眠気に襲われました。

これは、思わずウトウトしてしまうくらい強いです。もし仕事をしていたら仕事に支障がでるくらいのものです。

ストラテラの効果で頭がすっきりしたのは良いですが、同時に眠気が襲ってくるので困りました。

副作用はいくつかあるようですが、個人的にはこの眠気が一番強かったです。

「個人的には薬を飲みたくない」

ADHDは薬による治療が一般的ですが、個人的には薬を飲みたくないのが本音です。

副作用の問題など、体にあまり良い影響を与えないのではないかと思うからです。

できれば、薬を使わないで症状を改善したいと思っています(難しいのかもしれませんが・・・)

「まとめ」

以上です。

まとめると、ストラテラはADHDを改善する効果が期待できるが、同時に(強い)副作用もあります。

副作用が強い場合には、医師に相談したほうが良いですね。特に、子どもの場合は注意が必要かも知れないと思いました。

もちろん、効果や副作用は個人によって異なるので注意が必要です。


ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました