ADHDの人が絶望したときにつぶやきたい、「ポジティブな言葉」

対人苦手リンク

ADHDの人は生きるのが大変です。希望を失い、絶望してしまうこともあるでしょう。そんなときにつぶやきたいポジティブな言葉を紹介します。

これをつぶやくことで、後退しているときも前に進むことができるでしょう。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「私は何でも望むことができる」

仕事を始めたものの、なかなか前に進まず、停滞しているときにつぶやくと良いかもしれませんね。

2.「自分を信じる」

最初はロケットのように元気よくスタートしたものの、途中でモチベーションが低下し、やる気がなくなったり、ネガティブな考えになったりしませんか?

そんなときはこの言葉をつぶやくと良いかもしれません。

これはやる価値があるものであり、実現させるのは自分だ。

3.「奇跡は起きる」

ADHDの人は創造性が豊かで、優れた直感を持っています。

壁にぶつかったときは、その創造性を思い出す必要があるのかもしれません。

4.「それでよければ、それでよい」

私たちはつい完璧思考にとらわれてしまいます。

何かを決定するときは、常に完璧でなければならないと思ったり、決定した後で完璧ではなかった部分をあれこれ考えてしまったりします。

しかし、有能なビジネスマンは、自分の選択を受け入れ、後からあれこれ考えたりしないそうです。

どんな決定であれ完璧なことはないので、それを受け入れて前に進むしかないのかもしれません。

5.「頑固にならない」

助けを求めましょう。

有能なビジネスマンは、自分の不得意なことは他に人に頼んでいるそうです。

ADHDの人は単純な仕事が苦手だと言われます。単純だけど重要な仕事は他の人に頼むのも1つの方法です。

助けを求めることはを負けを認めることではありません。 それは自分のことをよく理解していることを意味しているのです。

参考記事:11Things I Tell Myself When I Feel Hopeless

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ