ADHDの人が絶望したときにつぶやきたい、「ポジティブな言葉」

ADHDの人は生きるのが大変です。希望を失い、絶望してしまうこともあるでしょう。そんなときにつぶやきたいポジティブな言葉を紹介します。

これをつぶやくことで、後退しているときも前に進むことができるでしょう。

スポンサーリンク

1.「私は何でも望むことができる」

仕事を始めたものの、なかなか前に進まず、停滞しているときにつぶやくと良いかもしれませんね。

2.「自分を信じる」

最初はロケットのように元気よくスタートしたものの、途中でモチベーションが低下し、やる気がなくなったり、ネガティブな考えになったりしませんか?

そんなときはこの言葉をつぶやくと良いかもしれません。

これはやる価値があるものであり、実現させるのは自分だ。

3.「奇跡は起きる」

ADHDの人は創造性が豊かで、優れた直感を持っています。

壁にぶつかったときは、その創造性を思い出す必要があるのかもしれません。

4.「それでよければ、それでよい」

私たちはつい完璧思考にとらわれてしまいます。

何かを決定するときは、常に完璧でなければならないと思ったり、決定した後で完璧ではなかった部分をあれこれ考えてしまったりします。

しかし、有能なビジネスマンは、自分の選択を受け入れ、後からあれこれ考えたりしないそうです。

どんな決定であれ完璧なことはないので、それを受け入れて前に進むしかないのかもしれません。

5.「頑固にならない」

助けを求めましょう。

有能なビジネスマンは、自分の不得意なことは他に人に頼んでいるそうです。

ADHDの人は単純な仕事が苦手だと言われます。単純だけど重要な仕事は他の人に頼むのも1つの方法です。

助けを求めることはを負けを認めることではありません。 それは自分のことをよく理解していることを意味しているのです。

参考記事:11Things I Tell Myself When I Feel Hopeless

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました