イスラエルの企業がADHDを改善する「帽子」を開発

ADHDを改善する「帽子」

via:https://www.israel21c.org/high-hopes-for-new-adhd-treatment-device/

イスラエルのベンチャー企業がADHDを改善できる新しい医療機器を開発しました。

この機器は薬を必要としません。

これは、イスラエルのハイファに拠点を置くInnoSphere社が開発した医療用「帽子」です。

InnoSphere’s electrode-embedded cap stimulates neurons in the brain to make new connections in areas where those suffering from ADHD are deficient.

この帽子には小さな電極が埋め込まれており、ADHDの特性に関係する脳の領域に電荷を加えます。こうすることで脳内のニューロンを刺激して、ADHDが改善できます。

「神経可塑性」を利用

このADHDを改善する機器は、「神経可塑性」を利用しています。神経可塑性は、新しい活動や状況に応じて新しい神経接続を形成したり、傷害や病気を補うことにより脳を再編成する能力のことです。

この機器で脳内に新しい神経結合の形成を引き起こし、それが長期的な効果をもたらすことを目指しているそうです。

さらに、AIアルゴリズムも利用することで、医者には難しい1人1人に合わせた治療が行えます。

もう薬を子供に与えたくない

このアイデアは、創設者兼CEOのラミ・シャクール氏が、友人から「もうADHDの薬を子供に与えたくない」と言われたときに生まれました。

その後、オックスフォード大学で認知神経科学を教える彼の従兄弟のロイ・コーエン・カドシュ氏の協力のもと、機器が開発されました。

臨床試験ではADHDの症状が50%減少

この機器を使用した臨床試験も行われました。

7〜12歳の男の子100人を対象に行われ、10セッション後にADHD症状の約50%が減少したそうです。

さらに、使用後も効果は持続したそうです。

2022年までに実用化を目指す

現在はまだ試験段階ですが、2022年までに実用化を目指しているそうです。

さらに、最終的には家庭での使用を念頭に入れています。

まだまだ実用化には時間がかかりそうですが、薬を使わないというのは画期的だと思います。今後の動きも気になります。

参考記事:High hopes for new ADHD treatment device


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2