イスラエルの企業がADHDを改善する「帽子」を開発

ADHDを改善する「帽子」

via:https://www.israel21c.org/high-hopes-for-new-adhd-treatment-device/

イスラエルのベンチャー企業がADHDを改善できる新しい医療機器を開発しました。

この機器は薬を必要としません。

これは、イスラエルのハイファに拠点を置くInnoSphere社が開発した医療用「帽子」です。

High hopes for new ADHD treatment device
InnoSphere’s electrode-embedded cap stimulates neurons in the brain to make new connections in areas where those suffering from ADHD are deficient.

この帽子には小さな電極が埋め込まれており、ADHDの特性に関係する脳の領域に電荷を加えます。こうすることで脳内のニューロンを刺激して、ADHDが改善できます。

スポンサーリンク

「神経可塑性」を利用

このADHDを改善する機器は、「神経可塑性」を利用しています。神経可塑性は、新しい活動や状況に応じて新しい神経接続を形成したり、傷害や病気を補うことにより脳を再編成する能力のことです。

この機器で脳内に新しい神経結合の形成を引き起こし、それが長期的な効果をもたらすことを目指しているそうです。

さらに、AIアルゴリズムも利用することで、医者には難しい1人1人に合わせた治療が行えます。

もう薬を子供に与えたくない

このアイデアは、創設者兼CEOのラミ・シャクール氏が、友人から「もうADHDの薬を子供に与えたくない」と言われたときに生まれました。

その後、オックスフォード大学で認知神経科学を教える彼の従兄弟のロイ・コーエン・カドシュ氏の協力のもと、機器が開発されました。

臨床試験ではADHDの症状が50%減少

この機器を使用した臨床試験も行われました。

7〜12歳の男の子100人を対象に行われ、10セッション後にADHD症状の約50%が減少したそうです。

さらに、使用後も効果は持続したそうです。

2022年までに実用化を目指す

現在はまだ試験段階ですが、2022年までに実用化を目指しているそうです。

さらに、最終的には家庭での使用を念頭に入れています。

まだまだ実用化には時間がかかりそうですが、薬を使わないというのは画期的だと思います。今後の動きも気になります。

参考記事:High hopes for new ADHD treatment device


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました