ADHDの少女は10代で妊娠することが多い。台湾の研究で判明

椅子に座る女性

台湾の新しい研究によると、ADHDを持つ10代の少女は、早期妊娠のリスクが高まることがわかりました。

しかし、ADHD治療薬を長期的に使用することで、10代での妊娠のリスクを減らすことができます。

これは、「Journal of Attention Disorders誌」に掲載された全国規模の縦断的研究です。

ADHDを持つ10代の若者は、定型発達の同世代の若者に比べて、20歳前に妊娠する可能性が2倍以上高く、またより多くの妊娠を経験していることがわかりました。

台北栄民総医院と国立陽明大学の研究者らは、ADHDを持つ女性と持たない女性の30歳前の妊娠についても調査し、ADHD治療薬の長期使用によって、この早期妊娠の可能性が減少することを明らかにしました。

また、スウェーデンで行われた研究でも、同様の結果が出ています。2019年のスウェーデンの研究によると、ADHDの女性は10代のうちに母親になる可能性が、ADHDではない女性に比べて6.2倍高いことが明らかになっています。

スポンサーリンク

原因は?

それでは、なぜADHDの少女は早期に妊娠しやすいのでしょうか。

研究者らによると、「ADHDの人の実行機能や、衝動性、危険を冒す行動などの問題が、ADHDの少女が若くして母親になるリスクが高いという理由の説明になるのではないか」と考えられるそうです。

参考記事:Study: Girls with ADHD Face Increased Risk for Teen Pregnancy

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました