FDAが承認した、ADHDを治療できるゲーム「EndeavorRX」とは?

EndeavorRX」という、ADHDを治療できるゲームが、米食品医薬品局(FDA)により承認されました。

このゲームをプレイすることで、ADHDの子どもの症状の改善が期待できます。子どもの症状改善に薬物を使わない選択肢を提供できるため、注目を集めています。

そこで、EndeavorRXの概要を紹介します。

EndeavorRXの概要

対象年齢

ADHDの8~12歳の子どもにだけ処方されます。すべての年齢ではないことに注意が必要です。

ゲームの内容

キャラクターを操作して障害のあるコースを移動し、報酬を獲得するために目標物を集めます。

副作用

欲求不満や頭痛、めまいなどが報告されましたが、FDAは深刻な副作用はなかったとしています。

ゲーム時間

ゲームの時間は、一日30分で、週5日と決まっています。これを一ヶ月行い、治療します。

開発企業

アメリカの「Akili Interactive Labs」という会社が開発しました。

日本での展開

日本の塩野義製薬株式会社が、この「EndeavorRX(日本名:AKL-T01)」の独占的開発権・販売権を取得しているようです。

参考記事:デジタル治療用アプリAKL-T01の米国における承認取得および欧州における CEマークの取得に関するAkili社の発表について / ADHDの治療にビデオゲーム、米FDAが承認


最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本 (発達障害を考える心をつなぐ)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2