ワーキングメモリーを鍛えるのに効果的?「2つ戻りしりとり」

発達障害の人はワーキングメモリー(短期記憶)が弱いとよく言われます。

私がよくあるのは、電気代を払おうと領収書を探していたら、床が汚いのに気がついたので掃除機をかけた、その後「あれ、何をしようとしていたっけ…」と、領収書を探していたことを忘れてしまう・・というようなことです。

「領収書を探していた」という短期的な記憶が、掃除機をかけている間に忘れ去られてしまうのです。短期的に何かを複数覚えておくことが苦手なのだと思います。そのため、同時並行的な作業も苦手です。仕事でも同時並行的な作業が要求される場合は、苦労する人も多いと思います。

ただし、ワーキングメモリーは鍛えることができるようです。以下の記事では、ワーキングメモリーを鍛える方法として、「2つ戻りしりとり」が紹介されています。

アスペルガーに悩む人が、うまく働く方法 | リーダーシップ・教養・資格・スキル
自身もアスペルガー症候群であり、発達障害カウンセラーの吉濱ツトム氏は「そもそも、アスペルガー症候群は『凸凹障害』であることはあまり知られていません。適応できる環境とそうでない環境の差が激しいんです」…

「2つ戻りしりとり」。通常のしりとりは、リンゴ→ゴリラ→ラッパ→パイナップル……と続いていくが、2つ戻りしりとりは、リンゴ→ゴリラ→、りんご→ゴリラ→ラッパ、ゴリラ→ラッパ→パイナップル、ラッパ→パイナップル→ルビー……といったふうに、必ず2つ前の単語を言ってから新しい単語を言うようにする。そうすると、短期記憶の力が鍛えられる。

おそらく、前の単語の記憶(短期記憶)を毎回覚えておかなければいけないので、それでワーキングメモリーが鍛えられるということだと思います。

これは「Nバック課題」という、ワーキングメモリーを鍛える方法に似ているのかなと思いました。簡単ですし、気軽にいつでもどこでもできそうなのでよいと思いました。また、この記事ではほかにも方法が紹介されています。

ほかに、ゲームソフトの「脳トレ」や、料理、ジョギングなどもワーキングメモリーを鍛える効果が期待できるようです。

参考記事:アスペルガーに悩む人が、うまく働く方法


30日で脳がみるみる若返る! 1日5分 朝の脳トレ習慣

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました