頭を掻く癖はADHDと関係がある?

頭を掻く

頭を必要以上に掻く癖はありませんか?

これは強迫性皮膚摘み取り症(Compulsive Skin Picking)、またはダマティロマニア(Dermatillomania)という強迫性障害の一つです。

この強迫性皮膚摘み取り症ですが、ADHDの人にもよく見られる症状です。

海外ではADHDに関するサイトなどですでに「強迫性皮膚摘み取り症」に関するトピックがあり、それについて議論がされています。

ただし、ADHDの人に多くみられるというだけで、本当にADHDと関係があるのかはわかりません

もしかしたら今後明らかになっていくのかもしれません。

スポンサーリンク

強迫性皮膚摘み取り症の特徴

ちなみに強迫性皮膚摘み取り症の特徴は以下です。

  • 顔、唇、頭皮、手、爪、腕の皮膚を繰り返し摘み取る
  • 緊張が増すと皮膚を摘み取る
  • 皮膚を摘み取ると緊張が和らぐ

私も緊張したときにこの症状が出ることが多いので、よくわかります。

治療法としては、認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy)などがあります。

参考記事:ADHD and Compulsive Picking at Skin or Pulling out Hair


マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました