ADHDの人はビジネスで成功する?ビジネスで成功しやすいADHDの特徴とは?

夜のオフィス街

研究者の調査で、ADHDの人の特徴がビジネスに成功しやすいことがわかったそうです。

これはミュンヘン工科大学のHolger Patzelt教授らによる研究で、ADHDと診断された14名の自営業者に対し、ADHDの症状や、キャリア、生い立ちなどについて質問調査をしたそうです。

Why people with ADHD can be successful in business | Knowridge Science Report
The symptoms of ADHD foster important traits associated with entrepreneurship. That conclusion was reached in a study conducted by an international team of econ...

その結果、以下のADHDの特徴が、起業家の特性と似ていることがわかったそうです。

スポンサーリンク

1.「衝動性」

ADHDの人の特徴である「衝動性」は、ビジネスでの早い決断につながります。これがビジネスでの成功につながるようです。

不確実性のある状況での直観的な意思決定ができるというのがADHDの人の特徴のようです。

ただし、この衝動性による成功は、ビジネスの発展に不可欠な活動に集中した場合だそうです。

2.「過集中」

ADHDの人は強い関心のあるものには、過集中と呼ばれる特異なレベルの集中力を発揮します。

この特別な集中力によって、ビジネスでの競争を勝ち抜くことができるそうです。

3.「高い活動力」

ADHDの人の特徴の一つは、高い活動力です。これは身体的な落ち着きのなさに由来します。

ADHDの起業家の人はこの特徴を利用し、昼夜を問わず働き、仕事量を増やすそうです。またADHDの人が活動的になる時間は一定でないため、自分で働く時間を決められる自営業が向いているそうです。

まとめ

以上の結果をまとめると、ADHDのある人の特徴、「衝動性」「過集中」「高い活動力」が、起業家の特性である、リスクを冒すこと、情熱、持続性、時間を費やすこと、と重なるそうです。

ただし、もちろん衝動的に決定して失敗する場合もあると思うので、リスクもあると思います。ビジネスで失敗したADHDの人もいると思います。

参考記事:Why people with ADHD can be successful in business

[amazonjs asin=”4804762728″ locale=”JP” title=”仕事&生活の「困った! 」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?”]

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました