発達障害がきっかけで画家の才能が開花。13歳の画伯

発達障害のある13歳の女の子の絵が日本や海外で話題になっているようです。

福井県在住の13歳の女の子で、自閉症スペクトラムだそうです。

13歳画伯 才能開花の発端は「発達障害があるとわかったこと」 (2017年7月21日) - エキサイトニュース
「自分の絵が各方面で反響を呼んでいることは知っていますが、娘はとくに反応しません。いつも“へ~っ”って感じで、淡々としています(笑)」ブルーを基調に描かれた、幻想的な動物たちの...

ブルーを基調に描かれた、幻想的な動物たちの絵が、いま国内外から大きな注目を集めている。作品を描くのは、福井県在住の女の子・吉崎莉菜ちゃん(13)。彼女は小学5年生のとき、発達障害の1つ、自閉症スペクトラムであることがわかり、現在学校には通わず、自宅のアトリエで創作活動の日々を過ごしている。

障がい者の人が芸術的才能を開花させる例はよく見ますね。しかもこの女の子の作品は世界からも注目されるようになっているそうです。

そして、作品を通じていろんな人とつながることができているのかもしれません。特に対人コミュニケーションが苦手な発達障害の人は、このような形のほうが向いているのかもしれませんね。

また、この女の子作品はiPhoneケースやポストカードとしても販売されているそうです。

参考記事:13歳画伯 才能開花の発端は「発達障害があるとわかったこと」


日本のアウトサイダーアート Vol.6 「愛しき玩具」 Sweet Toys [DVD]

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました